FC2ブログ

たいこのおへや

なるべく横道にそれながら、パーカッションを主にした、音楽のことを綴っていこうと思います。

ドラムのメンテ

20210729100645661.jpg
やっと終わった。やっと納品できた。
お預かりしてから約1年半が過ぎていた。
コロナ感染症で、外部の人間の出入りがあるのは良い気はしないだろうなぁと思うところもあり、とにかく落ち着くのを待ち続けていた。そしてようやくだ。
仕上がりの方は、なんか普段よりも、音がまとまったような気がする。ヘッドの相性が良かったんだろうか?
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2021/07/28(水) 23:13:57|
  2. 楽器修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

変な虹

20210729100647143.jpg
副虹なんだろうか?
山から2本の虹が短く伸びている。
どちらも電柱の陰で見にくいけど。
上を見たが、その続きは全く見えなかった。
関連記事
  1. 2021/07/27(火) 19:06:23|
  2. 天文・気象
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ちょっとお出掛け

ヨメ様とほこほこたろうの発案で、県内の水族館に行くことに。
水族館には10:00頃到着したが、入場制限をしているとの事で、次に入れるのは12:00とのこと。整理券をもらい、待つことに。
さて、どうしよう?あと2時間過ごせるところ。
そうだ、ほこほこたろうが生まれる前に行った、水族館の脇の海に行こう。
思った通り人はいない。
水族館を立て替えた時の名残か、地形が多少変わっていた。テトラポッドやら何やらが増え、海水の流れが以前より更に穏やかになっていた。ホントに小さい川が流れ込んでいるので、部分的に微かな汽水域。
クサフグの稚魚が数匹泳いでいる。
ヨメ様とタコを見つけたであろうと思われる場所に行ってみたが、地形が変わっていて分からなかった。
ほこほこたろうがカサガイやウノアシを見つける。
うーたんはフナムシを追いかけ回す。危ないから頼むから止めてくれ。
いた。ヤドカリだ。2人に教える。2人とも夢中で捕まえている。
違う岩の上に行ってみる。そこから海を覗くと、足下を7cm程の透明で黒と赤のラインがあるエビが悠々と歩いていく様に泳いでいるのが見えた。すると、うーたんが「エビだァッ‼️でっかいのッ‼️」と叫んだ。どうやらワタシが見たエビがうーたんの方に泳いでいったらしい。うーたん思わず海に手を突っ込む。そんでもって前のめりに海に転がりそうになる。すんでのところで肩をつかんで事なきを得る。アブねー。「あ~~~、逃げられたァ~~~」逃げられたじゃねーよ。
ほこほこたろうが3cm位の蟹を見つける。うーたんと二人がかりで捕まえようとするが、2人とも挟まれるのが怖くて手が出せない。
ここでほこほこたろうが大発見をしました。蟹を諦め、岩の間の海を覗いたら、タカラガイがありました。手を伸ばしても届かず、結局ワタシが靴を脱いで海に入ることに。ちょっと色々濡れました。
2021072700195813b.jpg
だいぶ波に洗われて、模様がはっきりしません。

20210727001956c08.jpg
裏側です。

また違う岩の上に。そこでまたまたほこほこたろうが大発見をしました。ウニの殻です。ちょっと深さがあります。足場になる岩もありません。靴を脱ぐだけでは足りません。棒を拾ってきて、穴に引っ掻けて取り出しました。
20210727002001864.jpg
割れているものは時々見かけますが、こんなに綺麗に残っているのはなかなかありません。

2021072700200252d.jpg
裏側も綺麗です。奇形もありません。

どうやら2時間が過ぎたようです。やっと水族館に入れます。
20210727001955a96.jpg
この海月はいつ見ても綺麗です。

20210727001953801.jpg
目玉焼きが泳いでいました。
初めて見ました。私的海月ランキング1位ですね。

さて帰ろう、としたところで、うーたんがブツブツ言い始めました。「あ~~~、ぼく何にもいいもの発見できなかったよ~。おねちゃんばっかりいいなぁ」
キミもしてたじゃないか大発見。岩の上で。
20210727001959c2d.jpg
「アッ、『う』ッて描いてある♪」
「ホントだ、うーたんのうだね。どっちかって言うと、う○この『う』だけど」

20210727001952e90.jpg
う○こつながりで。
真ん中にあるのは、多分ナマコのう○こ。
関連記事
  1. 2021/07/26(月) 23:51:50|
  2. お家の中のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペダル


リサイクルショップで発見したヤマハのペダル。
現行のヤマハのペダルとはフットボードの形が違うので、古いタイプかなと思ったら、パーツの端々を見ても全く磨耗がない。ビーターのフェルトも多少汚れが見られる程度。
もしやYAMAHA-FP720の復刻版⁉️と思いきって入手。真実やいかに。
でも、もともとベルトドライブでアンダープレート無しのペダルが好きだったので、違っててもあんまり悔しくないよ。
関連記事
  1. 2021/07/23(金) 22:10:07|
  2. ハードウェア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お勉強

昨日うーたんが突然「ぼく勉強する」と言い出し、6歳程度向けの問題集に取り組み始めた。数日前から漢字に興味を持った様子で、目についた漢字をニョロニョロと書き始めていた。そんな中での宣言だったので、外に遊びに行くにも暑すぎたので、やらせてみることにした。

・・・甘かった。
まさか2時間ブッ続けでやるとは思わなかった。問題の説明や間違い直し。まだ学校で習ってなさそうな所の解説をやりっ放し。休憩を提案するが、「ぼく休憩しなくても大丈夫だよ、もっとやろうよ」と却下される。彼の大好きな駄菓子を二品取り出すと、「やったァッ‼️」とようやく休憩に。ところが一つ食べたら、「パパ、やるよッ」と直ぐにまた取りかかっていた。エェ~~~、まだやるの~~~?
更に1時間。のどが乾いてきた。再度の休憩を提案するが却下。彼も水分を全く取っていなかったので、これまた彼の大好きなグレープ100%ジュースを提供してみるが、ゴクリと一口飲んだだけで、直ぐに再開してしまった。ホントに良くないので全部飲むように言うと、「もぉ~~~」と不満を露にし、グビグビッと飲み干して、また直ぐに再開する。
ヨメ様が外出から帰ってきたので、これで終わるかと思いきや、そのまま続行。
そして「よし、次ッ‼️」とページをめくったところで手が止まった。急に動かなくなったので、ゼンマイが切れたかと思ったら、今めくったのが最後のページだったのだ。
私「すごいねうーたん、全部終わったよ」
う「やったァ~~~、でも、ぼくもっとしたいなぁ」

私「んじゃ、ママに買ってもらった漢字のやれば?」
う「うん、やるやるっ⭐️」

そしてそこから更に一時間程続いたのだった。食事の声がかからなかったら、まだまだ続けていただろう。
合計4時間とちょっと。学校での学習時間よりも長いくらい机に向かっていたのだ。
どうしたんだろう急に。
でも、この謎の集中力。パパの様に間違った方向に使わずに、真っ当なことに生かして欲しいものだ。
関連記事
  1. 2021/07/23(金) 18:51:02|
  2. うーたん編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焙烙

202107131855320d8.jpg

豆とか胡麻とかを煎るアレです。
アダプターで固定してあるのですが、意外と音が伸びます。
ペールやらバケツやらのメタルパーカッション(?)を組んだ時の、シンバルの様なポジションです。
関連記事
  1. 2021/07/22(木) 22:01:10|
  2. その他の楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バケツ2号

20210713185538871.jpg
サイズだけでなく、塗装の影響もあるのか、1号よりも、硬い音がします。
これも出番が限られてますが、その塗装ゆえに、お笑い度が少し上がります。
関連記事
  1. 2021/07/21(水) 22:00:14|
  2. その他の楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

○○○○○


やっぱり開催するんだ。
3週間後に今を維持出来てるんだろうか?
関連記事
  1. 2021/07/21(水) 18:34:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暑い

20210721122339e41.jpg
昨日はとても暑かった。
たとえ車の温度計であっても、こんな数字を見せられると打ちのめされる。
今日はどうなんだろうか?
関連記事
  1. 2021/07/21(水) 12:25:21|
  2. 天文・気象
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バケツ1号

20210713185531b11.jpg

あの時のバケツです。
そういった感じの場面でないと、なかなか出番はありません。
でも、並べてあるだけで笑いがとれます。
関連記事
  1. 2021/07/20(火) 21:59:29|
  2. その他の楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペール

20210713185535992.jpg

前述のタライの影響もあって、どんな音なのか何となく気になっていたところに、たまたまホームセンターで出会ってしまい、2日程迷ったが入手。
反響する本体があるので、タライと比べるとガボガボした音で鳴る。でもボカボカやりすぎると、蓋の役に立たなくなるので何となく手加減してしまう。
意外に出番があり、マレットで叩いたりしても面白い。
いずれ機会があったら、床に転がして、ドラムセットのバスドラムみたいに使ってみたい。
中に他の楽器を入れて運んだりも出来るので、コレの出番がある時は、運搬ケースとしても重宝している。
関連記事
  1. 2021/07/19(月) 21:39:55|
  2. その他の楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タライ

2021071318553733e.jpg

吹奏楽団の演奏会で、スターウォーズepIの曲を演奏することになり、その際、「ペールのフタを叩く」と指示があり、探し回ってみたものの、手頃なものが見つからず、代用品になりそうなものをと探してきたもの。
太めのスティックでガンガンいきました。
スネアスタンドにのせて叩いたり、ドラのように吊るして叩いたりします。
関連記事
  1. 2021/07/18(日) 21:11:02|
  2. その他の楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トビラート

20210702183710e4d.jpg
胴体が陶器の太鼓で、大小2個1組で、2つをくっつけて、革紐で固定されてあります。
詳しいことはよくわからない楽器ですが、雰囲気からして、中東~モロッコ辺りのタイコでないかと。
似たような楽器にナッカーラというのがありますが、ナッカーラは後にティンパニーに発展していったそうです。
トビラートもナッカーラも2個1組で陶器の太鼓というところからして、もしかすると出所は同じ所で、何処かで枝分かれして別々の発展をしていったのかもしれませんね。

浅い知識でたまに真剣に楽器のことを考えて文章にするとなんか緊張する。正解を知ってる方、どうか優しく教えてください。
関連記事
  1. 2021/07/17(土) 22:48:51|
  2. 皮モノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コロナワクチンの接種をする(1回目)

202107162321079e9.jpg
今日はコロナワクチンの接種日だ。どんな風になるんだろう?
ところがだ。どうも軽く寝違えたらしく、左の首から肩にかけてが少々痛い。これでは予防接種の反応による身体の変化が正確にレポート出来ない。何て事だ。
11:00…病院到着。
11:30…注射される。
11:45…特に問題なかったので職場に戻る。
12:45…何となく肩の辺りが痛い気がするが、寝違えの痛みと区別がつかない。
15:00…肩から腕にかけてじんわりとだるくなってくる。
16:00…腕が肩の高さより上に上げ難く感じる。そう言えばヨメ様が五十肩で同じ様なことを言ってたのを思い出した。そうか、こんな苦しみのなかで日々過ごしていたのか。何て可愛そうなヨメ様。
18:23…弱い頭痛発現。
19:30…頭痛は続くが腹は減る。
19:40…検温。何度計っても35度台前半。その後入浴。
20:15…入浴後10分程してから再度検温。またもや35度台前半。体温計の不具合を疑い、試しにうーたんを検温。平熱だ。問題なし。再度検温。34度9分。冬眠するんだろうか。コールドスリープの方がカッコいいな。
21:40…手のひらがぽかぽかしてくる。検温36度7分。おぉっ、ナンだ突然。
23:20…体温問題なし。弱い頭痛と左肩のだるさは継続。

今日はこの辺で寝るとしよう。



関連記事
  1. 2021/07/16(金) 23:21:27|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グラスハープ

2021071318553413f.jpg

ワイングラスに水を注ぎ、その縁を濡らした指で擦るとフワーンとした良い音がします。
グラスのサイズ、水の量で音が変わるので、きちんとチューニングすれば、メインを張れる楽器になります。
「音を出すだけ」ならば、割りと苦労せず出来ると思うので、家にワイングラスがあれば、すぐにチャレンジできます。それを演奏の域に持っていくのはなかなか大変です。
グラスを全部並べると割ってしまいそうなので、今日はケースから適当に選んで並べました。
関連記事
  1. 2021/07/15(木) 22:28:25|
  2. その他の楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オーバートーンフルート③

2021070622095159b.jpg
まず、長いです。
140cmあります。
その長さゆえ魅力的な低音が響きます。
これもまた、ブレスコントロールと、穴の塞ぎ加減で音を変えます。
U字型("つ"の字型だろうか?いや、Cの字?)なのは、その長さゆえ穴を塞ぐコントロールをしやすいためです。多分。
20分程吹いていると、何となく息のスピードの加減で、4種類の音が出るようになりました。穴を塞げば倍の8種類です。まだそれくらいしか操れません。
フルートと同じ要領で吹くのですが、長さゆえ、鳴らすにはそれなりの肺活量も必要です。調子にのって、ろくに吹けもしないのにロングトーンしたら、やっぱりたいして長くも吹けない上、クラっと来て、目がチカチカしました。フルートを吹いてる人は毎日こんなことを続けているんだと思うと、ホントにすごいなと思いました。
関連記事
  1. 2021/07/14(水) 22:08:48|
  2. ホイッスル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コロナワクチンの予約

昨日コロナワクチンの案内が来たので、今日は予約をとってみることにした。
混んでるかなぁ~と覚悟して電話したら、あっさりつながった。ちょっと拍子抜け。
色々と説明を聞いて、無事に、かかりつけ医で受けられるように予約がとれた。
ちょっと安心した。
関連記事
  1. 2021/07/13(火) 20:58:30|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オーバートーンフルート②

20210703173236029.jpg
2本組の和音を奏でられるオーバートーンフルートです。直径は同じですが、長さが違うので、何もしなくても和音になります。
片手に1本ずつ持って、リコーダーの様に、縦に構えます。厳密には左右に斜めになりますけども。
指穴がないので、ブレスコントロールで音を変えますが、楽器の先の方を持って、楽器正面の穴(何て言うんだろう?)を塞ぐことでも音が変えられます。
関連記事
  1. 2021/07/12(月) 15:05:12|
  2. ホイッスル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オーバートーンフルート

2021070317323496f.jpg
ただの棒に見えますが、これでも笛です。
画像右側に指穴がひとつあります。
左側の穴が吹き口になります。フルートの様に、横に構え、そこから息を吹き込みますが、音の出る仕組みはリコーダーと同じです。
ブレスコントロールと穴の開閉で音を変えます。
関連記事
  1. 2021/07/11(日) 23:57:21|
  2. ホイッスル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリン

20210706220953bb9.jpg
空洞になった丸太を叩くと巨大なウッド・ブロックの様な音がします。これがまさにそれです。
世界中に、同じような楽器が分布しています。中には、人の背丈よりも大きな木をくりぬき、彫刻等の装飾を施したものもあります。先祖を祀る儀式に使ったようです。
木材の種類にもよりますが、削ってある部分の薄さやサイズ、スリットのサイズ等で音色が変わります。サルがいい味出してます。
関連記事
  1. 2021/07/10(土) 22:44:26|
  2. アフリカ系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィンガーシンバル

202107062209505f8.jpg
20数年前にもなるでしょうか。
とある研修(音楽療法のだったかな?)で、それに関連する物販で出店していたお店(当時は「つみきやペロル」。楽器以外のものも素敵)で初めて見ました。あまりにも澄んだ音色とどこまでも続くサスティーンに心を鷲掴みにされ、それまでのフィンガーシンバルのイメージが、全てひっくり返されました。記憶が定かではないのですが、当日はメルへンクーゲルペンタゴンのみ購入し、その後ついに入手出来たのでした。
中心の穴を指先に置くように持ち、エッジを当てるように叩きます。繊細な響きが漂います。
響きはあの頃とは全く変わっていません。
今ではもう手に入らない逸品です。
関連記事
  1. 2021/07/09(金) 17:32:57|
  2. シンバル・合わせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

20210707234950b6a.jpg
打楽器アンサンブルに、「水」を流す音を使うのを見たことあります。
あの小さいポリタンクは何だろう?と見ていたら、奏者の一人がフタを開け、そのまま下のたらいか何かにジャボジャボジャボジャボ~~~っと。突然のことに目ン玉飛び出ました。
水を使うといえば、誰でも知っているところですと、トムとジェリーです。ホントに水を使って効果音入れてますね。
関連記事
  1. 2021/07/08(木) 21:20:09|
  2. その他の楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウォータードラム

これまた何の文献で読んだのか思い出せない話。
とある部族では、女性は太鼓に触っていけないという掟があって、それでも「太鼓叩いてみたいなぁ」という女性たちが、池や川に入り、水面を叩いて楽しむのだそうだ。
手の形を、
20210706225349706.jpg
例えば、こんなのとか、
20210706225350f69.jpg
こんなのとかに変える(コンガでいうと、オープンやモフ、ミュートのイメージだろうか?)ことで、多彩な音を出せるのだそうだ。
お風呂で試してみると良く分かります。

ちなみに風呂のお湯が変な色をしてるのは、うーたんが「危険生物バスボール」を使った後だからです。
関連記事
  1. 2021/07/07(水) 13:58:28|
  2. その他の楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うーたん探検隊3 植物編

2021062518331909f.jpg
先日の「丸いのいっぱい付いてるねぇ」が咲いていた。
うーたん隊長は「咲いてるっ!」とえらく驚いていた。「いつ咲いたの?」という厳しい質問があった。多分昨日か今日、と情けない答えを返す。
どうやら「イチヤクソウ」という野草らしい。
ここからまた種がこぼれて、来年も咲くでしょう。
楽しみが出来ました。
そんな話をしていると、ポツリポツリと雨が。
本降りになる前に急いで帰ろう。
関連記事
  1. 2021/07/06(火) 21:47:58|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うーたん探検隊3 昆虫編

そして数日後。うーたん探検隊は3度目の探検に出発しました。今日はほこほこたろう副隊長も同行が決まりました。
出発早々うーたん隊長が大発見。

2021061615041409c.jpg
路上でコクワガタのメスを発見する。
そして隊長の命令で一時保護。

2021061615041693e.jpg
そして山頂の何かの糞を発見した近くで変な虫を平隊員のパパが発見。体長4ミリ程の何やら歪な虫。後で調べたら、ムシクソハムシという虫らしい。


植物編につづく

関連記事
  1. 2021/07/05(月) 21:33:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

だんご

20210701231623555.jpg
口福堂のきな粉だんご。とても小粒だが、きな粉の塊を食べている様で美味い。

20210701231622778.jpg
同じく焦がし醤油。期待した見た目ほどのインパクトは無いかな。もうちょっと醤油のアピールが欲しかった。
関連記事
  1. 2021/07/04(日) 23:15:41|
  2. だんご🍡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うーたん探検隊2 植物編

さて、うーたん探検隊の植物編です。

20210624231232112.jpg
何だか可愛らしい花です。

20210616150401696.jpg
「おぅ、大っきなお花だ」と、うーたん。
ヒメサユリですかねぇ?

20210625155028070.jpg
ママコナ??

20210625155030af1.jpg
これはなんだろう?
「丸いのいっぱい付いてるねぇ」
「これは蕾。今からお花咲くんだよ」

「いつ咲くの?」
「ん~~~、明後日辺りかなぁ」

「じゃあ咲いたら見に来るの?」
「見にきたい?」

「うん、見たい」
「そっかぁ、じゃあ見に来るかぁ」

ということで、後日続編が決まりました。
関連記事
  1. 2021/07/03(土) 22:32:23|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うーたん探検隊2 菌類編

20210616150402309.jpg
山頂の松の木に、何か生えていた。形は崩れていたが、多分キノコ。
正体不明。
うーたん隊長がいきなり採ろうとしたので慌てて止める。
キノコは危ないやつもあるんだようーたん。


植物編につづく。
関連記事
  1. 2021/07/02(金) 19:20:31|
  2. 菌類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うーたん探検隊2 生き物編

途中の畑で、モンシロチョウが8頭翔んでいるのを見つけました。「いっぱいいるぞー」と歓声をあげていました。

20210620100753f5b.jpg
さらに進むとデカいダンゴムシが。「おっきいッ!王蟲だッ!」

20210620100754e58.jpg
次はカメムシの終齢幼虫が。

2021062010075230a.jpg
その近くにカタツムリが隠れていました。

2021062412535090a.jpg
足元にアリの巣が。

2021062010075538d.jpg
すると、この日一番のスゴいのが。
狩人バチの一種が巣を作っていました。しかもトンネル状の部分です。2人でコンクリートの土止めに張り付いて、しばし観察です。急に作業を中断して、翔んでいってしまいました。どうやら材料を調達しに行った様です。
そして探検隊はいよいよ山に入ります。
草に埋もれた階段を登り目的のアリジゴクを探します。
「あったッ!」うーたんが見つけました。

20210616150358ba8.jpg
直径6cm程。深さも十分です。
「なんか小さい虫落ちると食べられちゃうんだよねぇ?」
「うん。何か来るかなぁ?」
等と話しながら、何気なく別のアリジゴクに目をやると、
「おぉーッ、うーたん見て見てッ!」
「なーにパパ?、オォッ!」

202106161503595b6.jpg
ちょっと分かりにくいですが、小さなイモムシがアリジゴクに地中に引っ張り込まれてる真っ最中でした。
しばらく観察していると、イモムシは完全に地獄の底に引っ張り込まれていきました。
頂上に出てちょっと休憩。お茶をゴクゴク飲むうーたん。

20210624231419870.jpg
何かの糞を見つけました。
猛獣のものではなさそうです。

そして反対側に下っていきます。
20210624231312c3e.jpg
地蜘蛛の巣を見つけました。
小学生の時に噛まれたことがあります。すんげー痛かったです。
これは危険なやつなので、帰ってから図鑑を見ることにしました。

202106242314219ed.jpg
近くにこんなものが。
明らかに何者かによって集められたものです。
詳細不明です。

20210616150407854.jpg
良いもの見つけました。
キツツキの巣だった木です。
うーたんのこくごの教科書にくちばしの話があり、ちょうど授業で取り上げているのでとてもタイムリーでした。
20210624231239fc4.jpg
その後も、てんとう虫のサナギや、

20210616150410ed4.jpg
イナゴ、

2021061615040884c.jpg
アワ虫を発見。

菌類編につづく。
関連記事
  1. 2021/07/01(木) 21:18:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

うーたん探検隊2

先日の探検で、すっかり探検好きになってしまったうーたんは、「また探検に行きたいなぁ~」と連日言っているので、今度は実家近くの公園になっている山につれていくことにした。今度もアリジゴク狙いだ。
当日伝えると、「やったーッ!」と両拳を握りしめ、そそくさと探検バックの用意を始めた。
歩いていける距離ですが、水分も準備。防虫スプレーをして帽子をかぶって準備OK。出発です。
弛い坂になっている道路を、のんびり登りながら、何か面白いものがないか探しながら進みます。

つづく
関連記事
  1. 2021/06/30(水) 19:17:49|
  2. うーたん編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言いにくい。


行者大蒜餃子。
関連記事
  1. 2021/06/29(火) 22:11:08|
  2. 美味しいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ