FC2ブログ

たいこのおへや

なるべく横道にそれながら、パーカッションを主にした、音楽のことを綴っていこうと思います。

追悼

数日前、ジョアン・ジルベルトが空を昇っていってしまった。
僕はあなたの爪弾いたたった1曲に心を奪われ、こういう音楽に興味を持つようになったんだ。だからとても感謝している。Obrigado.
スポンサーサイト
  1. 2019/07/11(木) 20:20:15|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルトラマンの日

2019071023362681f.jpg

今日は「ウルトラマンの日」じゃないか。
お祝いしなくては。
  1. 2019/07/10(水) 23:37:32|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いないッ⁉️

SW9の予告を見たが、アイツの姿が見当たらない。
まさかアイツまでッ⁉️
たまたま出てないだけだと信じたい。
  1. 2019/04/16(火) 21:40:47|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高校野球

高校野球の季節になりましたな。
吹奏楽部の強豪校が出場してたりすると、やっぱり応援の演奏も一味違うんでしょうね。
ただ、高校野球の放送が延長されると、子供らが見たがってた番組が何処かに飛んでいってしまうのでえらく困る。
  1. 2018/08/06(月) 21:29:28|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10年⁉️

もしやこのブログを書き始めて10年?
しかも2ヶ月前に?
ほぉ~~~、よく続けたなぁ。
どんなことを書いてきたのかとカテゴリを見てみると楽器のネタが多い。自分の持っている楽器の事をチョコっと書くだけだし、図録代わりの意味合いもあったので当然ですな。
練習や出してもらったコンサート、見に行ってきたコンサートやライブのネタも以外と多いな。それだけ楽しませてもらったんだな。
まさか自分が食べ物に関するネタを書くとは思いもよらなかった。コレまた以外と多い。
そして必然的に増えたのが家族のことですな。
カテゴリ「ヨメ様編」が誤変換で「ヨメ様変」になっていたのに気がついたのは少し時間がたってからだったが「それもそうだな」と思ったのでそのままにしておいた。
あとは「自然科学」関係のネタでしょうか。それらに興味を持ったのは音楽に興味を持つそれこそずーっと前。幼稚園にはいる前から傍らには昆虫図鑑があった。(あの図鑑何処にいったんだろう?)そして幼稚園の頃、ワタシの世代の小中学校の図書館に必ずあった学研のあの図鑑のセットが、ある日我が家に来た。夢中になって毎日見ていた。特に見ていたのは「昆虫Ⅰ」「昆虫Ⅱ・クモ」「魚」「水中の生物」「天台」「地学」。逆にあんまり見なかったのが「動物」「鳥」「保健体育」だった。もともと動物と鳥はあまり興味がなかったことに加え、それらにとても長けている同級生がいたので、あえて触れなかったのかもしれない。体育はそもそも喘息持ちで好きではなかったので興味がなかったんだと思う。
あとはネタとしては多くないが、博物館とか水族館とか美術館とか妖怪とか怪獣とかも大事だ。
雑多な事を読みにくい文章でだらだらと綴ってきたが、我ながらよく続いたと思う。まだ多少ネタもあるので、もうチョビッと続けてみようと思う。
  1. 2018/07/07(土) 01:22:03|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無題

「なんか毒吐かなくなったよねぇ」
不意に同僚に言われた。

確かにそういう言葉をここ十数年極力使わない様にしてきた。
その日の夜、その理由を思い返した。

理由は2つ。
1つは何度も触れている通り、「リズムは言葉」なので、正しくない言葉や悪意のある言葉、綺麗でない言葉を使うのは、まかりなりにもリズム楽器を扱うにあたって、せめて己の身から発するリズムの元くらいは小綺麗にしておこうという最大限の努力。
だがこれは表向きの理由だ。

もう1つは、実はお恥ずかしい話だが、「リズムは言葉」ということを知ったのとほぼ同じ時期に、心身ともに疲弊して、しばらく何もできない時期があった。
その頃に、一緒に音楽を楽しんでくれる人達のなかの一人が、私の状態を聞きつけ、いたく心配してくださり、「お前は休め、休んで良いんだ」と労ってくださり、時々様子伺いの連絡も入れてくださっていた。
そしてもう一人、私のことを聞いて心配してくださった人がいた。その人は何だかんだと理由をつけ、私を外に出そうとしてくれた。
ところがある日、私への関わり方について二人の意見が対立してしまった。
私は目の前で起こっていることに目を疑った。
二人とも大人なので勿論罵倒するような言葉は使っていない。二人が私にしてくださったことはどちらも正しく、どちらも必要なことだった。だが、二人は普段とは違う言葉で話していた。私はどちらもありがたく思っていることを伝えたが、二人の話しは終わらず、そして突然終わった。
少し時間をおいてから二人それぞれと会うことができた。
私はそうさせてしまったことを詫びた。だが二人とも「お前の話ではない」と言うだけであった。
そして今になってしまった。
二人にそういう言葉を使わせてしまったということが私の中でどうしても落とし所が見つけられず、それ以来自分自身そういう言葉を使うことが出来なくなってしまったのだ。

翌日それを同僚に話した。
同僚は黙って聞いてくれた。
  1. 2018/06/05(火) 23:17:26|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

なかなか見れない

ヨメ様が、今日の仕事の帰りに、トラックで運ばれるメリーゴーランドの馬を見たそうだ。しかも3頭(?) 乗っていたそうだ。
  1. 2018/03/02(金) 21:21:12|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またかよ

Jアラートが発動した。
朝からナンだよもう。
ほこほこたろうは「?」だったので、状況や避難についてを説明したら固まってしまい、朝食の箸が止まり、登校班の集合時間に遅れそうになっていた。
お陰で『デザインあ』が放送中止になって、うーたんが困ってた。
オレは職場に状況確認の電話を入れる。影響は無かったみたいだ。
ヨメ様は通常運転だった。
  1. 2017/09/15(金) 11:30:54|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

血圧

ブチ切れそうになった時に、ふと思い立ち血圧を計ったら、ほとんど変わりは無く、脈拍数が増えただけだった。
怒りと血圧は関係ないのか?
  1. 2017/08/29(火) 23:18:31|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

へぇ~。

妹らメールが来た。
なんか、昨日から走ってる人が走っているところが自宅から見えたらしい。
ちゃんと走ってたらしい。
  1. 2017/08/27(日) 23:50:37|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベサメ ムーチョ②

昨夜ようやく大将の奥様に電話でお悔やみを伝えることができた。年賀状の写真に何か違和感の様なものを感じていたこと、病状が良くない方に変わってしまった話を聞くのが怖くて、連絡を躊躇っていたことをお伝えした。ライブの予定を入れていたこと、闘病中の様子、亡くなったときの様子等を教えていただいた。
大将にもっと教えてほしいことがあった。話したいこともあった。やはり会えないまでも、せめてもう一度声を聞いておけば良かったと思った。
お話ししている時に、急に以前のライブの録音をCDに焼いたものを頂いたのを思い出した。帰宅後すぐに探した。
20170818234239fb6.jpg

今朝出勤する車の中で聞いた。
もう聞くことができない声が聞こえてきた。
1番最後に入っていた曲は、アンコールに歌った『ベサメ ムーチョ』だった。

大将、オレまだベサメムーチョ半分しか歌えないよ。
  1. 2017/08/18(金) 23:47:42|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベサメ ムーチョ

大将が亡くなった。
彼にもらったパンディロが形見になってしまった。
大将とは私の友人だ。
友人と言っても35才も上だ。だがあえて友人と呼ぼう。
彼と知り合ったのは20年以上前だ。確か「コンガを叩くオヤジがいて、一緒に叩く人を探しているので会ってみてくれないか」との楽器屋さんの紹介だった。あ~そうなんですかと話を流していたが、その後も何度も誘われ、近々某ビッグバンドのコンサートにも出なくてはならないみたいだからと、半ば押しきられるような形で会うこととなった。
「やぁ~、どぉ~もぉ~」と現れた彼の第一印象は「なんだこの胡散臭い軽いオッサンは?」であった。確か練習も兼ねて、どこかに楽器を持って集まったんだったと思う。本当はもう一人いるんだが今日は来てないとのことで、二人でしばし合わせた。
彼がコンガ、ワタシはボンゴ。
楽しい。
コンガ、ボンゴを二人で叩いたのは学生の時以来。
やっぱり楽しい。
こうして彼との付き合いが始まったのだ。

彼は若い頃は音楽でご飯を食べていたのだそうだ。
某女性歌手が来日した際は、バックバンドに呼ばれたりもしてたのだそうだ。
色々な演奏依頼に連れていかれた。そこでむちゃくちゃ鍛えられた。3ヶ月100曲だの、ライブの案内をもらったので行ってみたら出演者欄に名前が書いてあっただのもこの頃だった。無理難題もあったが、演奏するのはとても楽しかった。

彼は、自分のラテンユニットを「ソノーラ・コンパニェーロ」(楽しい仲間の意)と名乗った。
だが楽しいだけで時間は過ぎなかった。大将の回りでトラブルが続いたのだ。彼が振り回された形の事ではあったが、彼はそれらの処理をすませると、「違う場所で暮らすことにした」との話があった。これ以上の関わりはゴメンだ、それに自分の回りの人にも迷惑が及びかねない、と、この地を去ることにしたのだとのことであった。ここは寒いからもっと暖かいところに行く、海の近くに住んで釣りをする、と飄々と話していた。もう「ソノーラ・コンパニェーロ」名義で演奏することは無いんだなということに気づいた瞬間だった。
そして雪は積もっていたがとても天気の良かった日、しばらくは全く連絡できないと思うが、落ち着いたら連絡するよと彼はこの地を後にした。

ある時、某市のコミュニティセンターから、どういうツテで繋がったのか、私にサンバの体験の講師の依頼が来た。しかも対象が60代~80代の地域の役員などに就いている方々の総会の中のプログラムの1つとしてだ。一緒にやってくれる人を四人集め、五人で臨んだ。係の方に「グループ名はなんとご紹介すれば・・・?」と問われ、咄嗟に出たのが「あ、・・・ソ、ソノーラ・コンパニェーロ・・・セクンド!、ソノーラ・コンパニェーロ・セクンドでお願いします!」であった。「セクンド」は「2」だ。ソノーラ・コンパニェーロの2ndシーズン位に捉えてもらえるとというところだ。以来ラテンやサンバ関係のユニットを組む時は、「ソノーラ・コンパニェーロ・セクンド」を名乗っている。

そしてかの地。
彼は話していた通り、海の近くに住むことになった。しかも最愛の人をも得てだ。
当然音楽は続けていた。パーカッションを教えたり、音楽団体の代表をしたりと楽しく忙しくやっていた。
大好きな釣りもだ。目の前の海に竿を振って、趣味と食材確保の実益を兼ねて毎日やってると楽しそうに話していた。
船で沖に出ることもあり、鰹や、私の結婚祝いにと、たくさんの鯛を送ってくれたこともあった。

何かの折りに長い手紙をもらった。こちらにいた頃の演奏の事、私の演奏の事。なんだかやたら誉めてくれていた。お前の演奏は人を楽しませる、お前自身がグルーヴなんだという旨の事が書いてあった。なんだかお礼の品を送らなければならない様な内容だった。
大将から仙台でライブをするので一緒にやらないかとの連絡が来た。が、日程を聞いて泣く泣く断念した。すでに別のステージが入っている日だった。が、コンサート翌日に会うことができ、久しぶりにセッションすることができた。彼が紡ぐコンガの上で気の向くままにボンゴを転がすのは気分が良かった。久しぶりの感覚だった。セッションは日付が変わるまで続いた。

数年前、彼に大きな病気が見つかった。ドクターから説明があったそうだが、彼の反応は「・・・あ、そう。」だったそうだ。特に治療もせず、普段と変わらずお気楽に過ごすことにしたのだそうだ。

今年も年賀状を頂いた。ハガキを見て、何か変な感じがした。

4月の末頃から、急に「ベサメ ムーチョ」が頭のなかでぐるぐる流れるようになった。気がつくとメロディを口ずさんでいることもあった。

5月は私の誕生月だ。益々ベサメムーチョが頭のなかで流れるようになった。

そして今月、ふと思いついた。
「そうだ、大将にベサメムーチョの歌詞、カタカナで教えてもらおう。」
ベサメムーチョは、ソノーラ・コンパニェーロで演奏する時に大将が必ず歌っていた曲だ。内容は、病床の女性が愛する男性に死への不安と慰め、キスを訴える歌だ。
台風が近づいていることもあるので、様子伺いがてら大将にメールした。
しかし、返事をくださったのは、彼ではなく奥さまだった。その時に彼がもういないことを知った。彼がコンガと釣竿を担いでフラッと行ってしまったのは5月とのことだった。

年賀状に違和感があったこともなんとなく合点がいった。
ベサメムーチョが聞こえていたのは「あ、トミー。僕もう死んじゃったからさぁ、行くね。」という別れの挨拶だったのかもしれない。

彼のことだ、痛みや不安があっても、ちょこちょこ冗談を言って回りの人に心配をかけないようにしていたのだろう。しかし奥さまの事を思えば「ベサメムーチョ」の歌詞さながらだっただろう。

もしかしたら向こうまでの道のりの途中、「僕もう満足したからこれもう要らないよ。重いし邪魔だから置いていくね」なんて折角持たせてくれたコンガも釣竿もその辺に転がして、歌いながら歩いているかもしれない。

全く本当にいつも突然だ。
突然ライブ入れたり、本番中に曲目変えたり、今回の事もだ。
今度会ったときには小言の一つも言ってやらにゃならんな。
だから大将、そん時は塩焼きそば作って待っててくれ。

  1. 2017/08/17(木) 19:53:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガチャポン


なんかオレの弱点見透かされてるみたいだ。
だんごだよ。
パックが開閉出きるんだよ。
だんご触るとプニプニするんだよ。
ガチャポンスゲーな。
  1. 2017/08/08(火) 21:16:52|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3連発


3日に渡りガシャポンをした。
しかも1日1回だ。
しかも2回目はヨメ様にお願いした。
にもかかわらず、何ゆえ『遮光器土偶』3連発だったんだろう?
『遮光器土偶』も好きなんだけども。
望んでいるのは『黄金のジェット機』にたどり着けるのはいつになるんだろう?
  1. 2017/04/21(金) 22:06:05|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10ペコ

20161019213523569.jpg
ある日職場にミルキーを持っていった。同僚の一人が「包み紙にペコちゃんが10個切れていないのがあったら良いことがある。」というのを教えてくれた。それを「10ペコ」というのだそうだ。もう一人の同僚も知っていた。
そんな話から3人で10ペコ探しが始まった。
電話しながらミルキーに手を伸ばす。
キーボードを打ちながらミルキーを口に放り込む。
伝票の数字をチェックをしながら包み紙のペコ数もチェックする。
そんなことをしているうちに、遂に現れた「10ペコ」が上の画像だ。
その日はもう一人にも「10ペコ」が現れた。
悔しがっているのは「10ペコ」を教えてくれた同僚だ。

翌週またミルキーを持っていった。
当然また「10ペコ探し」が始まる。
そしたらまた出たのが次の「10ペコ」だ。
20161019213525a64.jpg

数日後、一人で勤務していて、何気なく残ったミルキーに手を伸ばすとすごいのが出た。
20161019213524ec3.jpg
何と「10ペコ」+「大吉」だ。
翌日同僚に見せたら「すげ〰〰〰❗」「最強でないの➰🎵」と感嘆の声。
が、、まだ1枚も出してない同僚は、「いいんですかこんなことで運使っちゃって?」と負け惜しみ。

  1. 2016/10/21(金) 08:01:13|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どうしても嫌なこと

弁当箱を洗うこと。


多分小学生の頃から嫌だった。
理由はわからない。
とにかく嫌だった。
勿論今でも嫌だ。

  1. 2016/09/08(木) 21:50:11|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっぱりか・・・

何か動きがあるとすれば8月だろう、しかも突然に・・・なんて話していたが、やっぱりそうなった。
それでもビックリだよ。
  1. 2016/08/14(日) 23:10:20|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

どうでもいい話

なんか・・・。スポーツをする人(選手)が何かやらかすと、必ず『自分の置かれている立場』がどうのこうの、『スポーツマンたるもの』あーだこーだ、『大会や○○界(スポーツ名)、若い選手や子供達、社会への影響』がなんとかかんとか。
うるせーよ。
スポーツしててもしてなくても悪い事したら怒られるんだよ。
上手くても下手でも関係ないんだよ。
誰がやってもとんでもねーことやったら何処にだって影響するんだよ。
スポーツマン云々を語る人はスポーツマンじゃない人たちの事をどう思ってるんだろう?
上手い人と上手でない人の人格に何か差があるとでも言うのだろうか?
スポーツマンの人格と音楽家の人格と画家の人格と科学者の人格とでは何か優劣があるんだろうか?

ここ数日のニュースを見ていてコメンテーターやキャスターの発言を聞いていて思い付いた次第。
  1. 2016/04/07(木) 23:42:25|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最優先

「最優先事項として取り組みます!」

そんなに最優先事項を増やして大丈夫なの?
事ある毎に「最優先」にしてるみたいだけど。
その前の「最優先」はもう済んだのかね?
  1. 2016/03/13(日) 12:31:38|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お別れ

今日は先日亡くなった同僚の葬儀でした。
いつまでもへこんでばかりもいられません。
自分の中でも区切りをつけなければなりません。
でもやっぱりしんどいです。急すぎるよ。
  1. 2015/09/20(日) 20:31:56|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どちらも

昨日綴ったのはこれから前に進もうとしている命。
一昨日綴ったのは前に進めなくなってしまった命。
無論優劣は無い。
二人とも掛替えの無い存在だ。
  1. 2015/09/19(土) 23:23:04|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人がいなくなるということ

入院していた同僚が亡くなった。
部署を仕切っていた人で、資格も持っており、有能な人だった。
彼女が入院してから、立場上私が彼女の業務を代行していたが、今後どうしていくのだろう。とても私では彼女の代わりにはなれない。
人がいなくなるということは、ただ単にその人ともう会えなくなるだけでなく、その人が持っていた知識、技術、経験、感性、そういったもの全ても同時に触れられなくなると言うことだ。
「あの人ならこうする」
「あいつに聞いてみよう」
「ソロは彼に頼もう」
そんなことも一切無くなるのだ。
喪失感はとても大きい。
  1. 2015/09/17(木) 23:07:29|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

少し考えた

娘が初めて『火垂るの墓』を見たのは3歳の時だった。
私はその日は勤務でいなかった。
娘は途中で「かわいそうだ」と号泣し、終わっても泣いていたのだそうだ。そして泣き疲れてようやく寝たのだそうだ。
昨日もテレビでやっていた。
が、見せるのを躊躇った。
娘は賢い。
だから言葉は違えど今見せれば多分聞かれる。
「何でこんなことになったの?」
「今からまたするの?」
確かにそういうことを盾にする国は沢山ある。
だが、それを盾にする、もしくはそれを存在させることで『クニ』を維持している国もある。
そういう国から自国を守らなければならないが、やはりそういうことをしないで済むならそれに越したことはない。
だから見せることはしなかった。
娘に納得する答えを出してあげられないからだ。
情けないことに、自分の中で整理がつかないのだ。
普段から真剣に考えている方にしてみれば「何を甘っちょろい事を」とお叱りを受けそうだがどうにもこうにも。

できることなら、娘達には「今日のおやつは何かなぁ~☆」なんて言うことを悩む程度の世の中で過ごしていって欲しい。
  1. 2015/08/15(土) 18:35:27|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

探して②



この中に四ツ葉のクローバーが二つあります。
  1. 2015/05/09(土) 17:40:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おーッ?


運転中信号待ちしてて見つけた石碑。
何で「おーッ」?
何で「うッ」?
裏に「あ」とか「い」とか「え」とかあるの?
  1. 2014/10/27(月) 08:44:33|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄橋


聞いた話によると、どうやらこの鉄橋、日本最古クラスの鉄橋らしいです。
20140422233927a89.jpg
全体はこんな感じです。

この鉄橋から100メートル進んだ辺りに、線路沿いに桜並木があります。今満開です。
近くの橋の上から見ると、橋に向かってくカーブした線路と、それに沿った桜並木の先に鉄橋が見えます。鉄道写真が好きな方はこういう構図は好まれるんでしょうかね?
  1. 2014/04/22(火) 23:45:27|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっと一息


ちょっとエンターテイメントの勉強をしてきます。
  1. 2014/03/28(金) 12:07:57|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

T小学校を卒業するブラスバンドの皆さんへ

いよいよ卒業ですね。おめでとうございます。
みんなとは3年前の県大会からのお付き合いでしたね。月並みな言い方ですが、本当にあっと言うまでした。
中学校に行ったらやらなければならないことが増えますね。勉強も難しくなりますね。でも勉強はしておいた方が良いですよ。トミーは30歳をすぎた頃やっと気がつきました。
勉強は、高校や大学に行くためだけにするものじゃないですね。5教科だけではなく、音楽、美術などの実技教科もです。勉強していろいろな知識を得ることで、自分の好きなことや楽しいこと、得意なことを見つけられるかもしれません。その大切なものを見つけるための方法の一つですね。あまり好きでない教科だなと思っていても、もしかしたら自分の意外な一面に気がつくかもしれません。結果的に高校や大学、仕事を選ぶ判断材料が増やせます。
あまり適切な例えでは無いかもしれませんが、1オクターブの音域が吹けるよりは2オクターブの音域を吹ける方が、色々な曲にチャレンジできます。色々なタイコが叩ければ、色々な演奏を楽しめます。世界各国のリズムを知っていれば、世界各国の音楽を演奏できます。
だから沢山のことを学んで下さい。沢山のことを経験して下さい。そしてそこから自分の本当に好きなものを見つけて下さい。
これから先、辛いこと苦しいことがあるかもしれません。何をするのも嫌になるかもしれません。もしそんな時はこのブログを訪ねて下さい。3年間のみんなの頑張りが沢山記録してあります。それを読めば、みんながどんなに頑張れるかを思い出せるはずです。練習で培ってきた「がんばることができる」という自分の力を信じて下さい。
それから一つお願いが。もしかしたらその辺でお会いする事があるかもしれません。その時は知らないふりしないで「トミー」って声をかけて下さい。

皆さんの卒業と新しい一歩を心からお祝い申し上げます。
そして10年後20年後、共に演奏する友人として同じステージの上で再会できることを願っています。
  1. 2013/03/18(月) 07:39:04|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ささやかな疑問。

FC2ユーザーの方でなければ分かりにくい話なのですが、管理画面の「訪問者リスト」を見ると、写真関連の活動をなさってる方が多く訪問して下さっています。写真に関わる話を書いた覚えは無いので、先日ブログ内検索をしてみました。
やはり「写真」を直接取り上げたものは有りませんでした。が、「写真」という単語が入った入った記事は50以上ありました。しかも「写真とるの忘れた」とかそんなのばっかりです。恐らく検索して興味を持っていただいたと思うのですが、何だかそんなので訪問いただいて申し訳ないです。
そして「ねこ」です。
何時ぞやは、同じ日に3人のねこ関連のブログを書いていらっしゃる方が見に来ていらっしゃっていました。実は写真の方よりもねこ関連の方のご来訪が多いです。
ブログ内検索してみましたが、やはり「ねこ」に関する記述は有りませんでした。この記事が最初です。ねこの画像も有りませんし、何かの広告がらみかとも思いましたがよくわかりません。本来「音楽」と「パーカッション」について綴っている(はず)ブログなので、いったいこのブログの何がねこにつながることになったのでしょうか?謎です。
もしかすると、この記事を載せてしまったことで、「写真」「ねこ」に関心のある方に無駄足を踏ませる確率を上げてしまったかもしれません。そういうわけですので、何だか分かりませんがゴメンナサイ。
  1. 2013/01/19(土) 19:31:50|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

選挙

また選挙ですな。
私は特に推す政党は無い。
最近は、結党して数日で無くなって違う名前になったり、色んなのが色んなとこから集まってきて一塊になったりと言うのが多いですな。
まるで最近のアイドルですな。最近デビューしてるのは大人数のところばかりで、ピンでデビューしたのは誰が最後だろう?オマケに同じ様なのが乱立しているところまで同じだ。
数年前の与党が現与党をボロクソに非難してる。確かに迷走している。が、そもそも数年前の与党が長年その場しのぎのムチャクチャをやり続けたツケが今になっていよいよ噴出したのであり、そうなった根本はあなた方だろうと。
何処に何を期待したら良いのか分からない。
  1. 2012/11/27(火) 16:53:32|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今はオペルのアストラに乗っている。
それが最近立て続けに壊れた。9月にラジエーターが割れて交換した。当然交換したが、もしかしたら金環日食を見に行った時には既にヒヒが入っていたかもしれない。今考えるとゾッとする。
そして先月末、ハンドルが急に重くなった。調べてもらったら、パワステのポンプが動かなくなっているとのことであった。
こんな説明をすると、アストラが壊れる車のように感じるかも知れないが、アストラの名誉のためにも言うが、決してそんなことはない。
私のアストラは、2000年モデル、つまりは12年乗っており、190,000㎞走っているのだ。こんだけ頑張ったんだから、彼方此方傷んできても致し方ないだろう。
が、流石にわずかな期間に大口の修理が続くとなると、家庭の状況なども考慮すると、買い替えを考えざるを得なくなった。
そして先日、紆余曲折あったが、新たに購入する車が決まった。ハイブリッドや電気自動車も非常に魅力的であったが、これから娘が更に巨大化していくこと、楽器を楽に積めること、ヨメ様も乗りこなせることを条件に選定した。当然国産車になった。
必然的に、20年お世話になったヤナセともサヨナラになる。
20年ともなると色々な事があった。
アストラの前はミニに乗っていた。
ハンドルを切るとキリキリと音が聞こえるので、持って行ったところ、如何にも「職人さん」という空気を纏ったメカニックの方が出てきた。状況を説明すると、車を持ち上げ暫し観察。「あ~ぁ」と一声。おもむろにハンマー取り出し、「ガンガンガンッ」と3発。「はい~終わり~ぃ。持ってげ~ェ。」と去っていってしまった。確かにキリキリ言わなくなっていた。ちゃんと治っていた。何かが曲がっていたらしい。
後で受付のお姉さんから聞いたのですが、このメカニックの方は、先日買い替えを決めて、アストラを引き取りに行った日も、「何とか動かねーかなァ」と色々やって下さっていたそうだ。やはり「職人」だ。
で、その受付のお姉さん。小柄で可愛らしい人だが、初めて対応して頂いたとき、「この人絶対ゼンマイで動いてる」と思わせるほど、コロコロとよく笑っていた。
ある冬の日、出勤時に突然車中にブザー音が響き渡った。すぐにヤナセに連絡し、車を預かって貰った。その日のうちに連絡がきたので帰りに寄った。すると担当の方から、おそらく走行中に、轍に何かの警報の線が引っかかって切れたために、警告音が鳴りっぱなしになっているのだろうとの説明があった。修理は、部品の都合で1週間後位になるとのことであった。1週間後かぁ~とガッカリしていると、「大丈夫です」と力強い言葉。
「御心配には及びません耳栓を御用意しましたっそのまま乗ってていただいて構いません」
思わず笑ってしまった。
こんな冗談がいつも飛び交っていた。

ある時、車の中でハムスターが逃げ出し、どこかの隙間からパネルの裏側に入ってしまった。メカニックの人が4人集まり、真剣な表情で相談を始めた。
「エサ撒いたら明日出てこない」「ハムスターって噛む」「どれくらいおっきいの」「えっ噛むのヤダよぉ」・・・
30分程待っただろうか、メカニックの人から説明があった。
「一晩待てば出てくると思いますが、線とかかじられるとマズいんで、今出しちゃいましょう。」と言い終わらないうちにもう一人のメカニックの人がパネルを開き始めた。
ブザー音が響き渡るだけならまだしも、致命的な所をかじられては困るので、やっていただくことにした。
「この車の構造から考えて、小さい動物が入りそうな場所はここしかないって所を開けてます。ここにいなかったら、どこか変なところで動けなくなってますね。そうなるとちょっと大変な事になりますね。」
いつの間にか他のスタッフのみなさんが集まってきていた。ほぼ全員いらしたんではないだろうか。皆がハムスター救出大作戦を見守っていた。
そしてついにパネルが空いた。
「いたぁっ」
メカニックの人の声が、修理工場中に響き渡った。
「おぉ~っ」
今度はギャラリーの歓声が響いた。
懐中電灯の光の中に、まるでゴジラかガメラの如くハムスターが仁王立ちし、門歯を剥き出しにしてこちらを威嚇していた。数分間の格闘の後にようやく捕獲。事なきを得た。

何度か一緒にヤナセに行ったことのある友人が、スタッフの方と私のやりとりを見て、こんな事を言っていた。
「あの人友達?」
「違うよ」

「なんで仲良しなの?」
「ン?最初からずっとあんな感じだったよ?」

「ふーん、〇〇〇(某国産車メーカー)の人はあんな風に話したりしないよ。」
「そうなの?」

その話を聞いて、へ~、ヤナセは面白い車屋さんだったんだなと知りました。

そしてアストラ。
一番乗りたい車の後の車だったので、特にこだわって選んだわけではなかった。が、乗っているうちに、重厚で落ち着いた車であることが分かった。

いろんな人を乗せた。
ヨメ様との初めてのお出かけもこの車だった。
いろんなところに行った。
使う楽器が年々増えていき、ギュウギュウに詰め込んで出かけた。
シガーやパイプをくゆらす場所だった。
独りになるための空間でもあった。


今日これからアストラとお別れしてきます。
  1. 2012/11/15(木) 16:10:40|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

缶コーヒー

先日お出かけした時に、運転中どうしてもコーヒーが飲みたくなった。
コンビニでブラックの缶コーヒーを買った。
飲んだ。
ゴメンナサイ、半分残した。
  1. 2012/04/24(火) 07:56:07|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うにょうにょうにょ

先日、某温泉地へ出張があった。


料理云々はさておき、温泉宿に宿泊した際にいつも不思議に思っていることがある。なぜ温泉宿で布団にはいると、足が勝手にうにょうにょうにょうにょ動くのだろうか?何人もの人に訊ねてみたが、やはり足がうにょうにょすると言う。シーツの感触だとか解放感だとか諸説あったが、どれもそれらしく聞こえてくる。
真実は如何に
  1. 2012/03/05(月) 21:57:04|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

治療中

実は今右腕をクラッシュしている。正確には、「肘」と「肩」だ。肘は、車から灯油を下ろす際に、変な角度で持ち上げたのが原因らしい。肩は、娘の助走付きのフライングボディアタックやヨメ様のぶちかましを上手く捌き切れなかったことが積もり積もったらしい。勿論痛いのでタイコは叩いていない。
で、今通院している『I接骨院』は《マイオセラピー》という施術方法を用いる治療院です。院長は女性です。
で、S院長。実はタイコ叩きだったりする。吹奏楽のパーカッションの他、ジャンベやサンバもやる。
それ故にこちらの事情はとても良く分かっていてくれるので非常にありがたい。
それ故に症状によっては診察の際お叱りを受けることもある。そのお叱り具合によって、症状の深刻度が分かったりする特典が付ついてきたりする。
こんな風にレベルが下がっていく。
『あ~、…うん。よしっ』・・・(軽傷もしくは演奏に支障なし)


『もっと早く来れば良かったのに』・・・(軽傷の下)


『ちょっとやっちゃったなあ~痛いね』・・・(中程度。練習は楽器によっては不可)


『…ダメっ』・・・(重傷に近い。練習はかなり制限される。)


『タイコ叩きのくせになんて所怪我してんの』・・・(重傷。極力楽器は触るな。)


『ちょっとォっ馬鹿じゃないのっなにやってんのっ』・・・(タイコ禁止思わず謝ってしまう)
・・・という具合である。おおよそこの様な言い回しでお叱りを受けている。
オマケにその院長、とても40代とは思えない若さと美貌を兼ね備えているので、治療は非常に塩梅が良い。・・・と、これ位書いておけば、次回の治療は痛くしないはずだ。
  1. 2012/01/13(金) 09:21:55|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

睡魔

前回の文を読み直したら、文法は間違ってるわ、前後バラバラだわで、睡魔に負けて酷い物だった。書き直してあるので、気が向いたら添削して下さい
  1. 2011/12/05(月) 11:10:04|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チ!チ!チッ! リ!リ!リッ!

チリの落盤事故の救出活動が、いよいよ最終段階に来ましたねぇ。良かったねぇ。今15人目の救出活動中です。
NASAの技術協力もあったみたいですね。流石だね。

地下にいる間に赤ちゃんが生まれた人いましたね。やっと会えるね。嬉しいねぇ。良かったねぇ。

で、下世話なんですが、地下にいる間に愛人が発覚した人、いったいどうするんでしょう?
何番目に出てくるんでしょうね?


二番目に救出された人、全身で喜びと感謝を表していましたね。そしてスタッフもその人と同じ様に応えていましたね。
そういうの好きです。
  1. 2010/10/14(木) 00:23:09|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なーんだ?の答え

今日何かしなくてはならないことが有った様な気がしたのはコレだ。やっと思い出した。
正解はコレです


電柱や電線を支えるワイヤーを、引っ張り合わせるようにして固定している所にあるフックのような役割の部品です。磁器の様なものなので、きっと絶縁効果もあるんでしょうね。
道端に落ちていたので拾ってきました。
  1. 2010/10/10(日) 23:38:19|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なーんだ?



これ、なーんだ?
ヒント1:外に出ると、案外視界に入っている事が多いです。
ヒント2:非常に間接的にですが、毎日お世話になっています。
ヒント3:大きさは10センチも有りません。
正解は一週間後に。
  1. 2010/10/03(日) 21:43:09|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

衝動買い


コンビニに行ったら「ルパンくじ」なるものがあって、思わず買ってしまった。
そしたら「不ぅ~ニ子ちゅあ~~~ん」のボールペンだった。嬉しい。嬉しい
  1. 2010/07/30(金) 17:50:46|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

はらのむし

虫つながりでもう1つ。
昔は、病気や性格の善し悪しは、身体に入り込んだ「蟲」が影響しているとされていたようです。
その「蟲」の姿と潜伏場所、症状と治療法をまとめた、当時の「医学書」とも言える本が有りました。博物館に資料として残っていたのを現代に甦らせたのがコレ。


所々に「へぇ~っ」と納得できる所があったりして面白い。

そしてその蟲を主役にした絵本がコレ。


こんなのが「はらのなか」にいたら、楽しいなぁ。
  1. 2010/07/17(土) 10:40:57|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワールドカップ・2

大好きなパンディロとクィーカの国「ブラジル」。ジャンベは西アフリカ諸国にありますが、私の愛器は「コートジボアール」出身。
これから両国の試合があるみたいだ。
ん~~~~~~~~~~~~~~~~~、どっち応援しようか?
よし、引き分け狙いで行こう!
  1. 2010/06/21(月) 00:32:33|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

静かな時間

きっと今はみんながテレビの前にいて、日本中が今日中で今が一番静かになってるんだろうなぁ。
何色のメダルかなぁ?
  1. 2010/02/26(金) 13:18:58|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

嗚呼

平成22年2月22日22時22分22秒の時計の写真を撮ったのに、間違って消してしまった。
次の平成33年3月3日3時33分33秒に期待しよう。
あと10年とちょっとか。
でも数字が2つ少ない。
嗚呼。
  1. 2010/02/22(月) 23:59:53|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バレンタインデー

20100329215411
いつもパーカッシブな質問をしてくれるAちゃんから、お手製のバレンタインデーのチョコレートクッキーをいただきました。どうもありがとう。
  1. 2010/02/14(日) 21:50:48|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶたピラミッド

20100128010431
入浴剤のオマケのブタを積みあげてみました。
  1. 2010/01/28(木) 01:02:19|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無題5

20100114000210

20100114000204

昨年亡くなった叔父から譲り受けた脇差しが、研ぎから戻ってきた。今日受け取って来ました。
白鞘に納まっていました。抜いてみると、見違える輝きと刃紋、そして鉄を重ねていくことで出来る模様が観ることが出来る様になっていました。この脇差しの実力が、存分に発揮されています。


刀が戻ってきた連絡があったのは2日前。今日は休みだったのですが、先に予定を入れていたので、刀を取りには来週にしようと思っていました。所が今日になり、先方の都合がつかないことが分かりました。しかも二件とも。その為午後に時間がとれるようになりました。
叔父は自分でも研ぎに出そうかと考えていたそうなので、早く見たかったのでしょう。もしかすると、先方の都合がつかないその日に、私にあえて用事を入れさせたのかも知れませんね。

間に合わなかったのが悔やまれてならない。
  1. 2010/01/13(水) 23:58:27|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

拍手

たまに拍手ボタンを押していただくことがあります。
最近人様に褒められるようなことがなかなか無いので嬉しいです。一年以上前の記事に拍手を戴いたことが有りました。ちゃんと読んで戴いてるんだなぁと嬉しく思います。
多謝。
  1. 2009/12/07(月) 00:52:30|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガォーッ!

20091122003039
実家の庭で放し飼いにしています。
  1. 2009/11/22(日) 00:21:34|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

がんばれ

昨年の今頃記載した「バンドやってみたいんだ物語」に登場していたベースの彼が、フラりと訪ねてきてくれました。新しく県外に仕事が決まり、明日から出発するので、皆に挨拶に来たとのことでした。
想像でしか無いのですが、地元を離れる前に、何か楽しい音楽の話でもしたかったのでしょう。短い時間でしたが、あの時のバンドの話や楽器の話等をしました。
仕事の途中だったので、ろくに話も出来ず、挨拶もそこそこに出てきてしまいました。あの時の彼が感じた「バンドのメンバーとの関わり方」を「周囲の人との関わり方」に活かして、自分の「パート」をキッチリやってくれれば、困難や苦労は必ず有ると思いますが、なんとかやってくれると思います。

がんばれ。
  1. 2009/11/15(日) 20:19:34|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガッカリ

出張で某温泉に泊まった。朝御飯はバイキングだった。
食べ終わって、コーヒーを注ぐ。サーバーから湯気は立つが香りがしない。席に戻って一口。
ウゲッ、インスタントコーヒーだ。
  1. 2009/11/11(水) 08:37:56|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ