FC2ブログ

たいこのおへや

なるべく横道にそれながら、パーカッションを主にした、音楽のことを綴っていこうと思います。

2009年ペルーの旅⑬

車中で日程の確認がありました。
細い路地を抜けると、急に目の前が開けました。海です。太平洋が眼前に広がりました。運転してたマリオさんは心得たもので、海際の道路を通ってくれました。奥様大喜びです。
しかしそれもつかの間、ものの数分も走ると、奥様は寝てしまいました。

空港が近づくにつれ、路上には物売りの子供が増えてきました。ペルーは、食べ物に困る国では無いが、国全体として貧しく、貧富の差がとても大きいとのことでした。わずか数キロの間に高級住宅街とスラムが並んでいるのもそのためだとのことでした。

飛行場に着きました。やはりあの臭いがします。

搭乗手続きを済ませ、ここでガイドさんとお別れです。
空港の中にはお土産さんがいくつも入っていました。奥様はさっきの眠気はどこへやら、お土産の物色に張り切っています。いかにもペルーといった感じのピアスが並んでおり、あれやこれやと比べてます。アルパカ製のかわいいコートを見つけ、はしゃいでいます。
そうこうしている内に搭乗時間になりました。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2009/01/31(土) 18:33:14|
  2. ペルーの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年ペルーの旅⑫

部屋の電話が鳴ってます。
モーニングコールです。
奥様は日本語表記がほぼ不可能な発音で伸びをしています。「△※ф~~~~------!」
強いて言うなら「む」と「きゅ」が混ざったような発音です。

ボーっとすること数分。ダラダラしながら急いで着替え、レストランに向かいます。旅行会社の人や職場の人、そのほかいろいろな人からペルーの食事は日本人には無理だと聞かされました。不安です。
朝食はバイキングでした。色々ないいにおいがしています。
ウインナーはカニさんになってました。味付けが非常に良い。美味い。
ベーコンは日本より厚めに切ってあります。表面はカリッと焼けてますが噛むとやわらかい。なんじゃこりゃ!むちゃくちゃウマい。これおかわりしよっと。
クロワッサンうまい。
こっちの丸いパンは初めて食べる味。
チーズ2種。種類が良くわからんけど食べたことある味。でも日本で食ったのと違う。七面鳥のハムと一緒にして丸いパンにはさんで食ったらこれまたむちゃくちゃウマイ。
奥様はハムをおかわり。
スクランブルエッグはふわふわ。塩気が足りないような気がしたけど、ベーコンと一緒に食ったらサイコー!

ウェイターが話しかけてきました。(英語。意訳)
「すみません、あなた方は日本人ですか?」
「そうです」

ウェイターはそれだけ聞くと戻っていきました。何か言いたそうな顔をしています。しかし今はベーコンにスクランブルエッグを上手に載せることの方が重要だったので、そちらに集中です。
果物が沢山出ていました。
マンゴージュースも濃厚です。
朝食のナンバー1は満場一致でベーコンでした。
誰だ、ペルーの食事は日本人には無理だッて言ったの。

やってしまいました。満腹です。昨夜あれほど食べ過ぎないようにと念押しされたのに。二人して良い感じに食べてしまいました。
不安になりながら部屋に戻りました。荷物を用意してロビーに下りると、ガイドさんが待っていてくれました。車に荷物を載せ空港に向かいます。
関連記事
  1. 2009/01/30(金) 18:32:47|
  2. ペルーの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年ペルーの旅11

すっかり夜中です。
ホテルに着きました。「JOSE ANTONIO」というホテルでした。
流石高級住宅地です。空港周辺の騒がしさが微塵も感じられません。
ロビーで翌日に向けての注意事項の説明がありました。
・明日からクスコなので今夜は炭酸水飲んじゃいけません。
・今夜は運動しちゃいけません。
・今夜は食べ過ぎちゃいけません。
・今夜は熱いお風呂はいけません。長湯するのも行けません。
・明日は7:30出発です。
四時間しか寝れないやァ~・・・と部屋に行きました。冷蔵庫には、ペルー名物「インカ・コーラ」がありました。今夜は我慢です。せめてシャワーだけでもとバスルームに行きました。
困りました。シャワーが固定式です。慣れてないせいもあり、非常に使いづらい。オヨメ様もブーブー言いながら出てきました。ようやくベットに潜り込みました。足を伸ばして寝ることが、こんなに素敵な事とは思いませんでした。
オヨメ様はあっという間に寝ていました。
関連記事
  1. 2009/01/29(木) 23:29:50|
  2. ペルーの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年ペルーの旅⑩

窓から地上の明かりが見えてきました。機内アナウスが入りました。いよいよ着陸です。
「キーーーーーーーーン・・・グオッ・・・ゾゾゾゾゾゾゾゾォーーーーーーーーー・・・
全く揺れませんでした。着地が上手なパイロットさんでした。
入国審査はあっさり終わりました。出口で現地の日本人ガイドさんと日系人のサポートの人マリオさんが待っていてくれました。

荷物を斜め掛けし、ペルーの地を踏みます。ペルーの空気を思い切り吸い込みます。
「・・・!臭い?何で?」
排気ガスと生ゴミのにおいが混ざっています。
ガイドさんが早速説明を始めてくれましたが、その中に、車の年式が古いものが多く走っており排気ガスがひどいこと、空港のすぐ側がスラム街であること等の話がありました。そういうにおいがするのも仕方ないなと納得です。

今夜の宿に向かいました。手荷物は外から見えないようにしてくださいとの話がありました。見えると外からガラスをブチ破って荷物を強奪されることがあるのだそうです。来て早々「なんてこったい」と不安に駆られました。そんな中でも奥様は車に揺られてうつらうつらしています。なんてこったい。


関連記事
  1. 2009/01/28(水) 17:46:46|
  2. ペルーの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年ペルーの旅⑨

いつの間にか赤道上空
ついに赤道越え
熱帯地方です
南国突入です
関連記事
  1. 2009/01/27(火) 11:53:00|
  2. ペルーの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年ペルーの旅⑧

ガイドさんに別れを告げ、いよいよペルーを目指します。今度は7時間です。
アトランタまではジャンボジェットでしたが、今度はちょっと小ぶりの飛行機です。でも機内食はこっちのほうが美味しかったと思います。

奥様はやっぱり半分口をあけて寝ています。おまけに白目剥いてます。すごい顔してます。写真をお見せできないのが残念です。
関連記事
  1. 2009/01/25(日) 20:00:03|
  2. ペルーの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年ペルーの旅⑦

ゲートを降りていくと、現地の日本人女性のガイドの方が、乗り継ぎのサポートをしてくれました。
乗り継ぎゲートまでは地下鉄(?)で移動です。ガイドさんの話によると、アトランタ空港は世界一忙しい空港なのだそうです。この広さを考えれば納得です。
壁にオブジェがありました。知っている形です。大好きなウツボカズラの捕虫嚢でした。それが壁一面に沢山くっついています。何ゆえウツボカズラなのでしょう?アトランタがウツボカズラの産地なんて話は聞いたことがありません。大方作者が私同様ウツボカズラの造形美に魅入られたのでしょう。

20090123184525.jpg

ペルー便の出ているゲートに着きました。時間があったのでウロウロしていると「TOMMY]という名前のロボットのおもちゃが売っていました。以前日本でも売っているのを見たことがあります。買い損ねたおもちゃです。確かゼンマイで動いて、右手で太鼓状になっている頭をポコポコ叩くロボットです。隣にはタンバリンのジングルを内蔵したロボットもいます。数種類並んでいましたが、どれもパーカッシブなロボットです。全部欲しい!!!しかし、目的地に着く前に荷物を増やすのもアレなので、泣く泣く諦めました。
20090123184523.jpg

関連記事
  1. 2009/01/24(土) 19:31:13|
  2. ペルーの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年ペルーの旅⑥

まだまだ1月10日。
アトランタ空港に着きました。デカイ。
最初の難関、入国審査が待ち受けていました。英語?しゃべれません。いよいよ自分たちの番です。黒人の係の人が呼んでます。以下意訳。

係:「パスポート出して」
私:「ハイ」

係:「こっちの女性はヨメさんかい?」
私:「そうです」

係:「今回の目的は何だい?この後の行動は?」(・・・と言うようなことを聞かれた)
私:「ごめん、オレ英語しゃべれねぇんだ」

係:「え、なんだって?しゃべれねぇ?ヨメさんは?」
私:「もっとしゃべれねぇ」

係:「なんだと、お手上げじゃねぇか(…とボールペンを放り投げる)、ワッハッハッハッハ。」
私:「ごめんね」

係:「あぁ、気にスンナよ。しょうがねぇな、通って良いよ。じゃあ指紋と顔写真とるぜ」
私:「ありがと」

と、寛大に通していただいたのでした。パスポートを受け取る際、ヨメ様が「けほけほっ」と咳をしました。するとその係りの人が「おいおい、大丈夫かい?」というと、自分のカバンをごそごそと開け、中から飴玉を取り出し、ヨメ様に「ほら」とくれました。にっこり微笑んで「サンキュー」とヨメ様。この旅でヨメ様が唯一異国の人と交わした会話でした。

PA0_0112.jpg

そのあと私も咳をしたのですが、何ももらえませんでした。


今度はペルー行きの飛行機に乗継です。



関連記事
  1. 2009/01/23(金) 18:45:27|
  2. ペルーの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年ペルーの旅⑤

さすがに14時間の空の旅は長い。どうしたものかほとんど眠ることが出来ず、ぼ~っと過ごしていました。

日付変更線を越えました。ここで前の日に戻ってしまうというのは変な感じです。

機内食が3食ともチキンかパスタで、内容がほぼ同じで、味もたいして変わらず、ちょっと残念でした。

ほぼ同じ格好なので体がギシギシいいました。エコノミー症候群なんていうことも聞いていたので、伸びたり、足をパタパタしたり、動かせる範囲でなるべく体を動かしていました。奥様は食事の時間以外はずっと口を半開きで寝ていました。

関連記事
  1. 2009/01/23(金) 18:02:05|
  2. ペルーの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年ペルーの旅④

キィーン、ゴゴゴゴゴゴゴゴ、ブファァーーーーーーーーーーーーーーッ
「ぐえっ」どうもあの飛び立つ瞬間とその直後のゆらゆらはいただけません。
20090120231526.jpg
翼の横の席だったので、それを見つめてのフライトでした。翼がたまにたわみます。ちょっとビビりました。
関連記事
  1. 2009/01/22(木) 21:32:30|
  2. ペルーの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

2009年ペルーの旅③

まずは成田からアトランタです。これから丸一日飛行機に乗りっぱなしだというのに奥様ははしゃいでいます。飽きてブーブー言われないか心配です。
アトランタから乗り継ぎ、ペルーに向かいます。
20090120231531.jpg

出発が近づきました。隣の飛行機にも荷物が運び込まれているのが見えました。よくこんなデカイのがあんなに色んなもの詰め込んで空に浮くなぁと不思議に思います。
20090120231529.jpg


関連記事
  1. 2009/01/21(水) 21:23:22|
  2. ペルーの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年ペルーの旅②

 いよいよ出発です。ふと、外を見ると外は雪がちらほら。なんてこったいと思いながら、徒歩で駅に向かいます。歩いて10分ほどです。
 私の父親が駅に見送りに来ていました。「これ持ってけ」近所の神社のお守りです。今年の干支の丑が黄金色に輝いてくっついています。ありがたくいただきました。オヨメ様はなぜか喜んで自分のバックにくくりつけていました。お守りがくくりつけられたバックは、今時小学生でも見ません。まるで絶滅危惧種か世界遺産です。
 新幹線に乗りました。で、旅の最初の買い物がコレでした。

20090120231533.jpg

1時間程たったところで、奥様は口を半開きで寝ています。
関連記事
  1. 2009/01/20(火) 23:10:54|
  2. ペルーの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2009年ペルーの旅①

行ってきました。ペルーです。世に言う新婚旅行というやつです。

何故ペルーか?多くの方に尋ねられました。「マチュピチュ行きたい」というお嫁サマのチョイスです。世界遺産みたいなのが好きというちょいと渋めの趣味を持っていたことをその時初めて知りました。意外でした。決して私も嫌いではないので、「しょうがねぇなぁ~」と言いながらも内心「ヤリィ」と思っていました。移動時間はアメリカまで約13時間、そこからペルーまで7時間。丸々1日移動かぁ…と考えていると、「ねぇねぇ、ナスカの地上絵行くでしょ?最終日にオプションだって。リマから車で7時間で行けるんだって♪」

そんなこんなでペルーの珍道中がスタートしました。
関連記事
  1. 2009/01/20(火) 22:27:33|
  2. ペルーの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ただいま

昨日ペルーから無事に帰国しました。

旅日記は後日。
関連記事
  1. 2009/01/17(土) 20:41:59|
  2. ペルーの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ちょっとこれから・・・

ペルーに行ってきます。
関連記事
  1. 2009/01/10(土) 09:50:58|
  2. ペルーの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コパー

 またまた、たまたま入った楽器屋で「コパー胴の試作品」という触れ込みで並んでいたもの。衝動的な欲求が芽生えましたが、半年くらい考え購入しました。
 持ち上げると重いです。暗めの音で「タァン」という感じで鳴ります。無性にリムを掛けたくなることがあります。

ta.jpg
関連記事

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

  1. 2009/01/08(木) 22:31:35|
  2. スネアドラム・ドラムセット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初めての小口径

 たまたま遊びに行った楽器屋さんで見つけました。12”×5”で限定品と思われますが、かなり安くなっていたのと、好奇心に後押しされ購入しました。
 ちょっとハイピッチ寄りにしてスナッピーも交換して見ました。小さいくせにロックです。メインでもイケます。
 サブスネアや小口径スネアが流行った時期がありましたが、その頃はメインサブスネア(?)でした。

pa.jpg
関連記事

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

  1. 2009/01/07(水) 20:12:09|
  2. スネアドラム・ドラムセット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最初のスネア

 一番最初に購入したスネアドラムは、REMOのピッコロスネアでした。大学2年のときに入手しました。その頃友人がN&Cのメイプル単板5”スネアを入手ました。当時は深胴が主流でしたので、そのキレの良さに「薄いのも良いなぁ」と感心しておりました。またメイプルの明るい響きにも惹かれました。
 そんなときに、そのスネアが発売されました。そんなわけで「さらに薄胴」「材質が木でも金属でもない」という二つの要素は、購入意欲をかきたてました。
 実際購入してみると、予想以上に音が明るくパリッとしており、いかにも「ピッコロ」と言う感じでした。ハイピッチは勿論ノーマルなピッチでも十分いける音でした。今は引退していますが、修理が可能なら是非復活させたいと思います。
re.jpg

関連記事

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

  1. 2009/01/06(火) 16:42:08|
  2. スネアドラム・ドラムセット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第5回「第20回東北学生音楽祭」

なにか間違ったようなタイトルですが、映画「スィング・ガールズ」で「第20回東北学生音楽祭」なる場面がありまして、その会場になった川西町のフレンドリープラザが実際にそれを開催しまして、それが今年5回目と言うことです。
SMJOもそれに参加する予定です。これから詳細の連絡が入るようです。

今年の最初のステージになるので、今から楽しみです。
関連記事

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/01/05(月) 16:05:33|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あっ!

ワサンバじゃなくてワムデだった!
関連記事
  1. 2009/01/01(木) 21:30:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あけましておめでとうございます

20090101181444
 縁起物ということで六瓢箪(むびょうたん)を。
 丸いのからベンデレ、ギロ、ウォータードラム、イプ、ワサンバ、マラカス。
 あ、マラカスは二個だから七瓢箪?…しまった。

今年も楽しい穏やかな年にしたいなぁ。
関連記事
  1. 2009/01/01(木) 18:14:47|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0