FC2ブログ

たいこのおへや

なるべく横道にそれながら、パーカッションを主にした、音楽のことを綴っていこうと思います。

暁の惨劇2

折角「第九」でかっこよく締めたと思ったら、またヨメ様から連絡が。
通院したとき、ホントに消毒してもらうまえに、「麻酔は?」と聞き、また大爆笑を誘ったと。そしてお医者様から「いつも爆笑を誘う人ですか?」と問われたとのことでした。挙げ句の果てに、「この話題でこの先何十年も笑い取れますよ」という診断結果を貰ってきたとのことでした。


よかった。最後まで笑えた1年で。

来年も笑おう。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2009/12/31(木) 23:43:50|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第九

20091231230903
佐渡裕&新日本フィルハーモニー交響楽団


今年も第九が流れましたね。
私はこの第九が一番好きですね。この第四楽章を聞いていると、当時の労働者階級の人々が、ビール飲みながら肩組んで、大きな声で歌ってる場面がイメージとして浮かんできます。他の音源も持ってますが、ベートーベンの苦悩と解放はどれも素晴らしい表現がなされていますが、そう言った意味での力強さというか、時代の底力は、この音源が一番表れているんじゃないかなぁと思います。



あと一時間程で今年も終わります。来年も穏やかな良い一年になりますように。
関連記事
  1. 2009/12/31(木) 23:06:42|
  2. 楽曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暁の惨劇

まだ夜も明けきれぬ早朝5:00。私を呼ぶ声で目が覚めました。声の主はヨメ様でした。たたならぬ様子に私も慌てて起き上がりました。
何事かと話を聞くと、
私:「何事?」
嫁:「あのね、爪剥がれたの」

私:「どこ?」
嫁:「足。ここ(左第二指)」

私:「何で?何か蹴飛ばした?」
嫁:「何にもしてない」

私:「じゃ、何しに行ったの?」
嫁:「絆創膏取りに」

私:「はぁ?んじゃいつ剥がれたのや?」
嫁:「ん、布団の中で」

私:「???」
嫁:「何かね、足痛くて見てみたの。そしたらパカッてなってたの」

見せてもらうと、爪が一枚、綺麗にペロッと剥がれて、皮一枚でぶら下がっていました。ちょっと出血していました。

嫁:「どうしたらいいの?」
私:「医者行って消毒かな」(その後私が爪を切り落とす)

嫁:「それ痛い?」
私:「うん」

嫁:「麻酔とかは?」
私:「ない」

等々間の抜けた会話で朝を乗りきりました。絆創膏も貼りました。
その後通院した様ですが、お医者様からも「寝てて爪が剥がれた」事を大爆笑されたとのことでした。「寝相悪くて爪が剥がれたって、コレもカルテに書くのかなぁ」…っと、お医者様を悩ませる大変な症例だった様です。
関連記事
  1. 2009/12/31(木) 19:36:16|
  2. ヨメ様変
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年ペルーの旅52.48

夕食を終え、ケーキとコーヒーを楽しんでいました。何かの話から派生し、ペルーの旅52の頃の話になりました。
ずっと気になっていたことがあり、聞いてみました。

私:「そういえば、ケーキいっぱい持ってきた時、何て喋ったの?」
嫁:「んふふふふふ、そんなの英語なんて判るわけないべした。全部日本語でだよ。後は、コレッ、コレッて」

私:「ウェイター困ってなかった?」
嫁:「大丈夫。ちょっと“ん~っ”って顔してたけど。でもちゃんと私食べたいケーキくれたよ」

どうやらヨメ様の三回目の国際交流は、己の利益を一方的に要求した、押し付け外交だった様です。



結婚して丁度1年たちましたが、未だに話題に上る、ペルーの旅日記です。

関連記事
  1. 2009/12/28(月) 21:57:32|
  2. ペルーの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カリュウドバチ

20091227025603
種類の特定まで出来ませんが、カリュウドバチの一種の巣です。
関連記事
  1. 2009/12/27(日) 02:54:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

オタマトーン

20091226004415
新兵器です。クリスマスを理由に購入しました。
明和電気の新しい電子楽器です。

棒の部分の正面が全てスイッチで、フレットレスベースの様な感じです。ビブラート、スライド奏法も出来ます。
音は、かなり安価なキーボードの様な音です。
なかなか面白いですよ。


昨年のクリスマスの頃、サンタ柄の包装紙の事を書きましたが、あのサンタさんが持ってるスネアドラム、良く見るとTOMMY宛ての名札が付いてんですよね。
サンタさん、今年もスネアドラム持ってきてくれなかったなぁ。
関連記事
  1. 2009/12/26(土) 00:42:19|
  2. 電子楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

クリスマスソング

20091225234624
実は大好きなんですよね。クリスマスソング。
たった一日過ぎるだけで、これ等のCD30枚、明日から全く聞かなくなるのがちょっと残念です。
関連記事
  1. 2009/12/25(金) 23:45:06|
  2. 楽曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマスツリー

我が家のクリスマスツリーです。
20091225005833

ウツボカズラに100円ショップで購入した電飾を巻いてみました。オーナメントまで思いつかなかったので、のミトン、キン消しのバッファローマン、スプリングマン、ミスターカーメン、私の日時計が付いてる指輪、アトランタの空港で貰った飴、富本銭のレプリカをぶら下げました。
サンタさん、プレゼントは捕虫嚢に入れておいて下さい。
関連記事
  1. 2009/12/24(木) 23:54:59|
  2. お家の中のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

楽器の名前のついた〇〇

グリーンドラムの話から引っ張ってみました。

〇植物
・エンゼルトランペット

○鳥類
・コトドリ:尻尾の形が竪琴に似ている。

〇魚類
・バチ魚(ラスボラ・ヘテロモルファ):模様が三味線のバチに似ている。
・バンジョーキャット:体型がバンジョーに似ている。
・ドラムフィッシュ:イシモチの仲間。音を出す魚。
※ハイハットという魚もいるが、『ハイ』が『Hi』ではなく『High』。

〇昆虫
・バイオリンムシ:形がバイオリンに似ている。ウチワムシとも言われる。
・タイコウチ:太鼓を叩いている様な動きをする。近年生息環境の悪化に伴い、激減している。

〇微生物
・ラッパムシ:形がトランペットのベル部分に似ている。あまりきれいでない川の石の表面の汚れを取り、顕微鏡で。原生動物 せん毛虫綱 異毛目。
・ツヅミモ:歪な楕円形の真ん中にクビレがあるところから『鼓』の名がつく。緑色になった水を顕微鏡で。緑藻植物 緑藻綱 ホシミドロ目。

鳴き声とかでも、いたような気がするが、ちょっと思い出せない。ここまで出てきてンのに~。
関連記事
  1. 2009/12/20(日) 23:22:03|
  2. 楽器小噺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グリーンドラム

20091218230235

20091218230230

葉の形状からそう言う名前がついたのだと思います。ピッコロスネアかボーラン、ベンディール、ダフなどのフレームドラムといったところでしょうか。

そう言えば、ボンゾもグリーンのドラム使ってたなぁ。

関連記事
  1. 2009/12/18(金) 23:09:31|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スズメバチ

20091218200008
実家のベランダにスズメバチの巣発見!
直径約20cm!
久しぶりにハチノコが食べたい!醤油にチョビッとバターを落として、サッと煎って食べると旨い!
外すのは来年にしよう!
関連記事
  1. 2009/12/18(金) 19:58:16|
  2. 美味しいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝焼け

20091217011246
なんだか綺麗な空だった。
関連記事
  1. 2009/12/17(木) 01:11:06|
  2. 天文・気象
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SMJOクリスマスコンサート・3

コンサートの前の一コマ。
20091213230227

「そんでねっ…!」
「うんうん」
関連記事
  1. 2009/12/13(日) 23:20:33|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SMJOクリスマスコンサート・2

SMJOのクリスマスコンサートはアソビが効くので、毎回小さなヒネリを入れています。
例えばいつもコンガの前に座るクマ。毎年衣装やアクセサリーが変わります。去年はトンガリ帽子だけでしたが、今年はサンタの衣装を着ています。

それからツインペダルで動くクマ。いつもはカウベルを叩いているのですが、今回は鈴を振らせてみました。ただ、その鈴は『熊避け鈴』を改造して作ったものなので、やはりぬいぐるみと言えどクマにはキツいらしく、演奏していると、ズリズリと倒れてしまっていました。何度位置を治してもダメでした。
20091213214634

新しく楽器を創りました。
20091213214639
ペットボトルのフタをアンクルビーズの要領でつないでみました。音はまさに柔らかいアンクルビーズで、ほぼ狙い通りでしたが、繋ぎ方は改良の余地有りです。

関連記事
  1. 2009/12/13(日) 22:28:17|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

SMJOクリスマスコンサート

いよいよ本番当日です。定刻に会場入りしたものの、器材の多さにウンザリです。
20091213005416


今日は、手の怪我が落ち着いてから初めての演奏です。だから余計にイロイロ持ってきたかったのかもしれません。

慌てて準備したので、今回はセッティングの画像がありません。仕方が無いので名前だけ。
・コンガ
・ボンゴ
・タンバリン
・スプリングドラム
・セミーヤ
・チャフチャス
・ジュジュアンクルラットル
・キハーダ
・クラムシェルシェーカー
・マンジーラ
・アンティークシンバル
・アナラポス
・スレイベル
・熊避け鈴
・ボトルキャップラットル
・O-ZONEクラッシュ
・ロックタゴン
・トラッシュフォーマー
・スプリングトラッシュ
・チャイナ(KMK)

関連記事
  1. 2009/12/13(日) 00:22:05|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GROOVE BOOSTER・2

今日の練習で使ってみました。
ボンゴをパラパラパラパラパラパラパラパラ~ッと叩いてみました。
全く違和感はありません。
腕は楽チンです。
心なしか、腕の振りが揃った様な気が・・・。
これは良いかも。
関連記事
  1. 2009/12/10(木) 12:09:11|
  2. 葉巻・パイプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ギター

20100411115607
ボクのエレアコ。
某楽器店で見つけたアイバニーズの楽器ですが、そのクランベリームースの様なカラーに一目で気に入りました。
購入してからお店の方に聞いたのですが、このギター、世の中に数本しか出回っていないものなのだそうです。

な~んて言うと、物凄いギターの様ですが、実は、工場がカラーリングを間違えて製造してしまったものだそうです。
オマケにカタログに無い色なので、塗料の強度(?)も不明なので、保証書も付けられないと。
結果B級品扱いになったとのことでした。値段?当然そう言う値段です。

そんな不思議なギターを選ぶ自分も自分だなと思います。
関連記事
  1. 2009/12/09(水) 00:02:42|
  2. その他の楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GROOVE BOOSTER

20091208215113

「GROOVE BOOSTER」なるものを購入した。神保彰プロデュース。チタントルマリンコーティング。なんでも手首を安定させるらしい。ヘニョヘニョになっている私の手にピッタリかも。

20091208215119

早速使ってみる。装着して車を運転してみると、確かに手首が固定され、楽チン。暖かいし。

20091208215107

次の練習で使ってみよう。
関連記事
  1. 2009/12/08(火) 22:24:06|
  2. 葉巻・パイプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

拍手

たまに拍手ボタンを押していただくことがあります。
最近人様に褒められるようなことがなかなか無いので嬉しいです。一年以上前の記事に拍手を戴いたことが有りました。ちゃんと読んで戴いてるんだなぁと嬉しく思います。
多謝。
関連記事
  1. 2009/12/07(月) 00:52:30|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SMJOクリスマスライブ

20091203112610

今年も開催されます。

20091203112615

手の回復のため、ずっと我慢していましたが、数日前、本当に久しぶりに練習に行きました。「練習」という雰囲気に嬉しくなってしまいます。
タイコが叩けるってスバラシイ!
関連記事
  1. 2009/12/03(木) 11:24:58|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フレンドシップコンサート・2

いよいよ本番。
最初はルーマニアのバイオリニスト、セバスティアン・テグゼシウのソロです。流石に上手でしたが、ピアノの伴奏者との曲想が違ったのかなと感じる所がありました。

次はルーマニアのアカペラグループ、バンキエーリ・シンガーズ。
とても上手でした。ハーモニーは勿論、アレンジやパフォーマンスもとても楽しかったです。

次はオーストリアのオペラ歌手、オリヴェラ・ミリャコヴィッチ。ウィーン国立歌劇場の専属歌手だけあって、しなやかな身のこなしに、貫禄充分です。
アンコールに日本語で歌ってくれたのですが、その時になって、彼女の声がいかに通るのかが分かりました。あの響きの良くないホールで、ノーマイクで一番後ろの席まで声を届けることができるのは流石です。

そしてブルガリア。カブァルという8穴の木製の笛を使うテオドシ・スパソフトリオとジャズボーカルのヒルダ・カザシャン。私の楽器は彼女が使いました。
カブァルはフルートと尺八とリコーダーを足したような音でした。
最後の曲でコンガ登場です。ドラムとコンガのユニゾンが有りました。カッコいい!

オペラからポップスまで幅広く楽しめるコンサートでした。
関連記事
  1. 2009/12/03(木) 00:11:37|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フレンドシップコンサート・1

20091130185808

1週間前になりますが、タイトルのコンサートに行ってきました。ドナウ川が流れる、ルーマニア、ハンガリー、オーストリア、ブルガリアの四ヶ国と日本の交流を祝って(?)のコンサートの様でした。先日県の担当者の方から、このコンサートの為に楽器を貸して欲しいとの依頼があり、勿論OKしたので、どんな演奏になるのか楽しみにしていました。

オープニングは県内で活動しているアマチュアの合唱団でした。
女声と男声の二つの合唱団が合同で歌ってらっしゃいました。
合唱のことは全く分からないのですが、どうも女声と男声のバランスが良くないと感じました。それから指揮者との意思の疎通が不十分に感じられました。リハーサル不足でしょうか?
きっと皆さんお忙しい中、少ない時間を使って、ここまで練習なさってきたのでしょうね。

つづく
関連記事
  1. 2009/12/02(水) 22:08:31|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0