FC2ブログ

たいこのおへや

なるべく横道にそれながら、パーカッションを主にした、音楽のことを綴っていこうと思います。

個展


『おさかな』
12×5
カレンダーの裏
娘の作品。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/03/31(土) 20:51:09|
  2. ほこほこたろう編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラディック③


エイッラディック3連発
70’Sのアクロライト、404です。
そもそも404を選んだのは、某中学校にタイコを教えに行った時に、音楽室の棚の奥で埃を被っている404を見つけ、「ナンだコレ」と叩いてみたのがきっかけでした。丸くて柔らかい音、スティックがヘッドに入っていくような感触。一発で気に入りました。
ドラムセットを購入したのは、これから数年後でしたが、この音をそばに置いておきたくて、スネアは404にしました。が、現行品はちょっと音が四角くなったような気がしていました。色も黒いし。
そしてある日、リサイクルショップで運命の再会があの404があったのですこれはっと思いました。しかし部品が欠けており、一旦引っ込みました。が、数日迷ったのですが思い切って購入しました。
そしてその頃、トップコンサートが近づいていました。みんなと一緒に叩くことになっていたので、ここはコイツで行こうと決め、早速調整に入りました。ボルトやワッシャーをオイルで磨いて汚れを取ります。黒くてでろでろした古いオイルが拭き取れました。リムの裏側、エッジの表面をきれいにします。スティックの破片や埃の固まりが取れてきます。本当は舟形も外して綺麗にしたかったのですが、この次にします。足りないパーツは代用品と創意工夫で乗り越えます
いよいよヘッド装着。打面はエバンスのサンドブラストされた奴。ウラも同じくエバンスで白くてパリパリした奴。マーチングスネアドラムと並ぶのでちょっと硬めに張りました。スナッピーは散々迷って、買ってから使ってなかったなそう言えば、という理由でパールの40本のDタイプを装着。部屋では叩けないので、前日のリハーサルで、ホールで調整することにしました。
そしてリハーサル。吹奏楽で打楽器が入る位置に行って試打。やはり音が丸い。もう少し張ってみる。裏も気持ち張る。スネアをオンにする。ちょっと詰まった感じ。張り過ぎ感がある。徐々に緩める、張るを繰り返し、ここかな?というところでショット!!狙った(?)通り(笑)、オープンかつパリパリ感の残る音。これで本番を迎えました。
後日、リハーサルと当日の様子を録画したDVDを頂きました。
楽譜をカンニングしているワタシに、ヨメ様は爆笑しています。が、リハーサルの場面で、「なんかスネアの音、凄く聞こえるねぇ」と一言。ヘッドの張り具合を確かめるために、スティックを落とす様に軽く数回叩いた場面でした。マイク乗りが良いのか、遠鳴りするのか、音抜けがが良い様です
関連記事
  1. 2012/03/29(木) 09:16:12|
  2. スネアドラム・ドラムセット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラディック②



ラディックの木胴です。メイプルです。非常に美しい仕上げです。
ほとんど使われることなく、数人の手を転々と渡った様子で、故あって私のところに来ることになりました。
なかなか出番の来ないスネアですが、きれーだなーかっこいーなーとついつい眺めてしまいます。
非常にオープンなサウンドだと思うのですが、その代わり、ちーっとばかしジャジャ馬傾向にあって、チューニングにはわりとシビアかもしれません。まだまだ研究が必要なスネアです。
関連記事
  1. 2012/03/28(水) 20:03:48|
  2. スネアドラム・ドラムセット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラディック



404です。アルミです。
ドラムセットと一緒に購入しました。
でもドラムセットは宗教上の理由でパールです。
エバンスのドライを打面に、ビヨンドシマノのメタルヘッドを裏に張っています。スナッピーはタマのベルブラスです。
組合せが良かったのか、繊細なことも拾ってくれるので、『誰でもロールができるスネア』と呼ばれる事もありました。吹奏楽の打楽器の人に好評でした。ボリュームはそれほどではないですが、小気味良く鳴ってくれます。
ジングルウェッジを付けてます。コツコツしたリムの音に混ざるジングルの音が良い感じです。
ボサノバを歌う人のバックで叩くときに出番が多いスネアです。

関連記事
  1. 2012/03/28(水) 13:01:42|
  2. スネアドラム・ドラムセット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

内示

異動なかった。良かった。
だけど、平日の休みがほとんど無くなる。出来なくなることが色々ある。残念だが仕様がない。
関連記事
  1. 2012/03/27(火) 07:52:26|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

T小学校の練習へ

今日は、T小学校の打楽器隊のコーチを引き継いでもらう大沼さんの顔合わせに行きました。
ところが今日はI先生に急用が入ってしまっため、打合せは後日となりました。が、折角ですので、お試しで練習に入ってもらいました。
まずは一人一人の技量を見てもらいました。一人一人にアドバイスが飛びます。メトロノームに合わせ、8分音符、16分音符を叩く練習をして、どれくらい合っていないかを分かってもらいました。こういう練習をするんだよ、という説明をしたところで今日は時間切れ。全体練習へと移りました。
練習終了後、ファミレスへ移動して作戦会議と情報交換。スティックの持ち方や楽器の扱い方も教えなくてはならないこと、これまでやってきた練習内容などを伝えました。どうしても曲練習が中心になりがちなこと、昨年の全国大会後から基本練習を始めたが、ワタシの力不足でなかなか定着には至らないでいることなども説明しました。ついでに、楽器の微調整や簡単な修理もしなくちゃならんよ、ということも、忘れないうちに伝えておきました
大沼さんからは、コーチを引き受けるに当たって心配なこと等の話がありました。大丈夫、それらは私も経験しました。平気です。何とかなります。何とも頼りない回答をして、次回の練習でI先生と打ち合わせをする事にしました。
関連記事
  1. 2012/03/26(月) 16:28:56|
  2. 練習
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これは木魚か?


魚の形をしたウッドブロック。
まさに絵に描いた様な『木魚』じゃなかろうか。
頭のてっぺんの太陽の辺りを叩くと、一番良く鳴ります。
関連記事
  1. 2012/03/25(日) 13:01:51|
  2. ウッドブロック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

完走


あれ急に書けなくなったと思ったら・・・。
関連記事
  1. 2012/03/24(土) 11:36:51|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モコック②

先日お出かけしたした際に発見。
娘の命令で購入。


左側の奴はちょっと不細工だ。オマケに鳴りも今ひとつ。が、模様は細かい。手書きだろうか?転写シートでもあるんだろうか?


コイツはどうやらインドネシア出身らしい。それじゃあデザインも変わるわな。
関連記事
  1. 2012/03/23(金) 22:53:34|
  2. ウッドブロック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ダップ

モンゴルのフレームドラムです。


いくつかのサイズがあるそうです。
内側に、金属のリングの「さわり」がついています。叩くとチャリチャリした音が入ります。本来なら鉄のリングが付いているのだと思われます。


シェルにはちゃんとエッジが切ってあります。


ダフとダップ、名前もシェルの内側に鳴り物を付けるという構造も似ています。この二つのタイコの間には、どんな文化の交流があったのでしょう?
関連記事
  1. 2012/03/23(金) 12:54:10|
  2. フレームドラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダフ

インドのフレームドラム『ダフ』です。


内側に鈴がついています。打てばチリチリ鳴ります。


シンプルで素朴な音色ですが、私がフレームドラムに興味を持つきっかけになった楽器です。
関連記事
  1. 2012/03/21(水) 14:04:37|
  2. フレームドラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

完成


ビーフジャーキー完成しました。
今回はちょっと薄味にしてみました。
乾燥という工程が入るので、最終的な味は食べてみないとわかりません。材料の量を計っても、肉の質の為か、同じにはなりません。
早速試食。うん、美味い。ヨメ様もモグモグ食ってます。
関連記事
  1. 2012/03/20(火) 13:32:23|
  2. 美味しいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

T小学校の皆さんへ

さて、演奏は無事に終えることが出来ましたが、もう一つ終えるものがあります。これまで2年間、真仮なりにも打楽器隊の指導者として招いていただいて関わってきましたが、どうやら来年度から練習に参加するのが難しくなる様なのです。月に1~2回はお邪魔できそうではあるのですが、それも確実な話ではありません。故にこのまま私が指導する立場にいるのは効率的ではないので、苦渋の決断でしたが、今月をもって、コーチのポジションから下ろして頂くことをお願いしてきました。既に後任の方についても相談しています。これからは、その方達のお手伝いでちょこっと顔を出しに来る位のことしか出来なくなりそうです。自分の周りから、また少し音楽が減ってしまうのは残念ですがいたしかたありません。
バンドのみんな、2年間どうもありがとう。君達のおかげで、マーチングという未知のジャンルを経験させてもらったばかりか、マーチングを知らないトミーが全国大会まで経験させてもらったよ。なによりみんなで演奏する『合奏の楽しさ』を思い出させてくれた。おかげでこれからは、もっと楽しくて良い演奏が出来そうだよ。どうもありがとう。
そして保護者のみなさん、いつもお気遣いいただきありがとうございました。いつも練習のヒントをいただき、参考にさせていただきました。
そして、顧問の先生方はじめコーチのみなさん。拙いサポートしか出来ない私を支えていただき大変感謝しております。


ホントは直接皆さんに伝えたかったのですが、きっとポロポロ泣いちゃうと思うので、この場からお礼申し上げます。ありがとうございました。
関連記事
  1. 2012/03/19(月) 23:12:33|
  2. 練習
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

第17回トップコンサート

結局楽譜を覚えられないまま、今日を迎えてしまいました学校に集合して、一緒にバスで移動します。
会場入りしました。久しぶりの県民会館です。
リハーサル前の音出しが始まりました。打楽器隊は、場所の都合で叩けません。ですので、アップだけはいつも通りにきちんとやっておくことにしました。
でもね、こんな時に限ってトラブルがあるんです。なんと、アップ中にHくんが鼻にスティックをぶつけて、鼻血を出してしまいました。幸いすぐに止まったので事なきを得たのですが、ヒヤヒヤしました。
そしてリハーサルです。楽譜は2/3程をうろ覚え位です。
こうなっては致し方ありません。最後の手段『カンニング』です。リムにセロハンテープを渡すようにして、小さく書いた楽譜を貼り付けました。これでバッチリ。後は間違わないだけです
リハーサルが始まりました。
演奏が始まってビックリ昨日よりもグッとサウンドが太くなっています。流石6年生1日練習しただけで音が変わりました。
私もステージにスネアドラムを運び、チョコチョコっと叩いてみました。一昨日ヘッドを張り替えたばかりなので、ホールで試打出来たのはラッキーでした。貼り付けた楽譜もバッチリです。
待ち時間の間に、スネアドラムをチューニング。ピッチを少しだけ上げました。そしていよいよ本番です。さぁ演奏と思ったらなんとセロハンテープを貼った所が反射して、そこだけ楽譜が一段分全く見えません。リハーサルでは問題なかったのにどうしたことでしょう非常に緊迫した演奏になりました。が、スネアドラムはSちゃんがしっかり叩いていたので、演奏はバッチリでした。
あ~危なかったぁ
6年生の皆は、明日卒業式です。新入部員も入っての大人数の演奏はこれが最初で最後です。良い思い出になりましたね。
中学校に行っても、自分が一生懸命になれるものを見つけて楽しんでね
関連記事
  1. 2012/03/18(日) 14:37:06|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

T小学校の練習へ

さて、明日は県内の音楽団体で、地方大会や全国大会に出場し、優秀な成績を収めた団体を集めて開催される「第17回トップコンサート」です。全国大会に進んだT小学校も、もちろん出演します。今日は、会場である県民会館のステージで練習です。
6年生のみんなは、インフルエンザ対策で、これまでほとんど練習に参加できませんでした。楽器に触れたのもしばらくぶりの様です。そのためだと思われますが、ちょっと演奏の迫力不足を感じました。でも明日は今日以上にバリッと演奏してくれるでしょう
そして、なんとワタシもT小学校に混ぜてもらって演奏することになりましたスネアドラムを叩きます。が、今、楽譜覚えられなくて大弱りの真っ最中です。のんびりブログ書いてる場合じゃあ無いぞ
関連記事
  1. 2012/03/17(土) 20:11:02|
  2. 練習
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベンディール?

北アフリカ、モロッコなどのフレームドラム。


裏には響き線が付いています。


低音の柔らかい音にバズ音がブレンドされています。

ヘッドにまで装飾がされています。こんなのは見たことがありません。叩くのにも気を使ってしまいます。もしかしたら正式な楽器ではなく、民芸品の様な扱いのものかもしれません。
関連記事
  1. 2012/03/16(金) 23:09:13|
  2. フレームドラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボーラン

北欧のフレームドラム。直径18インチ。山羊皮が張ってあります。
膝の上に楽器を立てるように構えます。


裏から手でヘッドを抑え、ミュートしたり音程を変えたりします。


こんなスティックを使います。


鉛筆を持つ様に握り、手首を回転させるように使い、スティックの前後を使って打ちます。
音色は、深みのある甘い小振りの和太鼓という感じ。これも手元にあると、なんとなく叩いちゃうタイコです。
関連記事
  1. 2012/03/15(木) 13:18:30|
  2. フレームドラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

相方

最近無性に吸いたいなと。


このところゆったり構える時間が取れなかったからか?


楽しい事があっても、それとこれとは別だ。いかんなぁ。
関連記事
  1. 2012/03/12(月) 23:57:28|
  2. 葉巻・パイプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

T小学校の練習へ

今日はアップをしっかりやってから合奏でした。
私もまぜてもらいました。久し振りにスネアドラムを叩きました。すんげー楽しかった。ほんの数分でしたが、合奏を満喫出来ました。
関連記事
  1. 2012/03/12(月) 23:49:17|
  2. 練習
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そして今日

そして今日を迎えた。あの漆黒の夜から一年が過ぎた。
あの日は職場に泊まったが、奇しくも本日も宿直であった。今日は、その時間はホームセンターにいた。放送が入り、黙祷を捧げた。

あの日の記憶を呼び起こす。

揺れが収まった後、妻に電話をした。2度目のコールが鳴ったとき、電話の向こうに人の気配を感じなかった。留守電になった。「アノ馬鹿っ!」さては携帯電話を持って行かなかったか?よりにもよってこんな日に。しばらくして知らない番号から電話があった。もしやと思ったら妻からであった。これから娘を迎えに行くとの事であった。そして案の定、携帯電話は忘れていったとの事であった。
その後は全く電話はつながらなくなった。
夜は、安全管理のため職場に泊まることになった。一旦自宅に戻った。そして泊まる事を妻に告げた。正直なところ、妻に非難されるのではないかと思っていたが、「うん、分かった。気をつけてね。」と送り出してくれた。娘のことを頼み、職場に戻った。本当は不安で仕方なかったはずだが、気丈に振る舞っていた。ありがたかった。1歳の娘は妻にだっこされ手を振っていた。
信号も街灯も無い道路を職場に戻った。
停電で、蝋燭の明かりで食事をとる。反射式ストーブで暖をとる。ラジオから流れる情報に不安が大きくなる。布団に入っても寝付けない。
たとえ眠りに入っても、僅かな物音に目が覚める。
夜中に2度大きな余震があった。2度目の時には、「来るッ!」という気配のようなもので目が覚め、飛び起きて身構えた途端にであった。色々なものに敏感になっていた。
こんな時くらいは3人で一緒にいたかった。2人を守ってあげたかった。守れないまでも少しでも不安を取り除いてあげたかった。
翌日午後帰宅。妻と娘が帰りを待っていてくれた。娘は変わらずほこほこしたほっぺたでにっこり迎えてくれた。
夕方、町中が明るくなっているのに気付いた。電気が通ったのだ。
「取りあえず何とかなる」その言葉だけが頭の中で何度も繰り返されていた。
そして、あの張り詰めた10日間を過ごすことになった。

あれから1年が過ぎた。こうしていられることが、「普通の生活」どれだけ得難いことなのかを深く感じている。
関連記事
  1. 2012/03/11(日) 23:22:07|
  2. 東日本大震災
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

T小学校の練習へ

本日も、ウォーミングアップをやってみました。
が、なかなか1回では覚えられないですし、今までやったことがなかったので、「よし、やろう」とか「やらなくちゃ」という風にはなかなか切り替わらないですね。
でも目的は、技術の向上だけでは無いんです。だから焦らずに気持ちを作っていきましょう。
関連記事
  1. 2012/03/10(土) 23:42:57|
  2. 練習
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボンゴカホン

同じく「マウンテンリズム」のボンゴカホンです。


ウッドブロックとカホンの中間の様な音です。個性的な響きです。叩いてて楽しいです。曲にハマればサイコーです
関連記事
  1. 2012/03/10(土) 23:27:25|
  2. カホン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャンベカホン

カホンつながりで。「マウンテンリズム」のジャンベカホンです。


低音がとても良いんです。とても全部木で出来ているとは思えないほど低音が鳴ります。
でもやっぱりちゃんとカホンです。
関連記事
  1. 2012/03/10(土) 23:16:49|
  2. カホン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カホンの練習

「ちょっと、6月に発表会あっからカホン教えで~ン」とKさんからお話があり、お引受けしました。
なんでも、バイオリン、チェロ、カホンというアコースティックでちょっと大人の雰囲気を漂わせる編成。
早速練習です。
先ずは楽器の成り立ちと構造の理解から。板の厚さや材質、サウンドホール、サイズなどによる音や奏法のニュアンスの違いを説明しました。
そして具体的な奏法を説明に移りました。まず構え方ですが、Kさんは小柄なので座ってからの楽器の固定からでした。決して足が短いからと言うわけではありません。長くもありませんけども。
そして叩き方。体の使い方の癖に気をつけると、すぐに叩けるようになりました。音の叩き分けが出来てくれば、あとは楽です。8ビートのパターン3種類、ボサノバのパターン2種類を次々クリア出来ました。
さぁ、これからどう膨らませていくかは、後は自分のアイデアしだいです。
関連記事
  1. 2012/03/10(土) 10:41:16|
  2. 練習
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

T小学校の練習へ

今回は、これまでやってきた、練習前のウォーミングアップを一連のものとしてやってみました。
パートリーダーになったI君の指示の元、レジュメにそって開始です。
途中何度か止め、何故この動作の準備運動が必要なのか、どこを動かす為なのか説明を入れながら進めます。
20分程かけてやってみましたが、本当なら5分で済みます。これを全員で毎日やることにしました。
その後練習に移ったのですが、「うわっ手が動くっ」「あれっ楽器軽いよっ」と、早々に結果が出ていました。
毎日きちんとやれば、その後の練習の効果も上がるはずです。
関連記事
  1. 2012/03/09(金) 23:53:39|
  2. 練習
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

乾燥開始

いよいよ乾燥です。


ほのかにワインと香辛料の香りが漂います。


これから10日程待ちます。
関連記事
  1. 2012/03/09(金) 23:38:38|
  2. 美味しいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

加工中

ビーフジャーキー加工中です。
赤ワインと醤油を混ぜ、香辛料数種類を加えた漬け汁に肉を入れます。空気が入らないようにして、二晩冷蔵庫で保存します。


今回の肉は、「黒毛和牛」「米澤牛」「黒毛和牛×乳牛」「牛タン」の4種類で仕込んでいます。
関連記事
  1. 2012/03/07(水) 14:08:02|
  2. 美味しいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

モコック

ベトナムのオモチャで、カエルの背中のイボイボをスティックで擦り、コロコロコロッとカエルの鳴き声を模したもの。眉間を叩くと、ポクポクと良い音がする。言うなればカエル型のギロ付きウッドブロック。


ほうの木の様な柔らかい木で作られていますが、メーカーが違うのか地域差なのか、硬い木で作られた平たいカエルもいます。前出がガマガエルなら、こちらはツチガエルでしょうか。


これも若干形が違います。丸っこいです。ベルツノガエルかバシェットガエルですね。



やたらとほっそりしたカエル。アカガエルか?


一緒にこんなのもいました。これもモコックという名称で良いのでしょうか


「ぶーぶー」とは鳴りません。やはり「コロコロコロッ」です。
関連記事
  1. 2012/03/06(火) 01:14:33|
  2. ウッドブロック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

準備中

今年もビーフジャーキーを作ることにした。
県産牛を県産ワインと県産醤油の漬け汁で漬け込もうと思う。
今日は肉をカットして香辛料に馴染ませる。


漬け込むのは明日だ。
関連記事
  1. 2012/03/05(月) 23:11:35|
  2. 美味しいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

うにょうにょうにょ

先日、某温泉地へ出張があった。


料理云々はさておき、温泉宿に宿泊した際にいつも不思議に思っていることがある。なぜ温泉宿で布団にはいると、足が勝手にうにょうにょうにょうにょ動くのだろうか?何人もの人に訊ねてみたが、やはり足がうにょうにょすると言う。シーツの感触だとか解放感だとか諸説あったが、どれもそれらしく聞こえてくる。
真実は如何に
関連記事
  1. 2012/03/05(月) 21:57:04|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タリジャ

同じくモロッコのタイコです。同じく胴が陶器です。表面には綺麗な装飾がなされています。皮の裏に響き線が付いています。


中を見ると2本付いているのがわかります。


叩くと、短くバズ音が入ります。
関連記事

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

  1. 2012/03/04(日) 11:37:10|
  2. 皮モノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ