FC2ブログ

たいこのおへや

なるべく横道にそれながら、パーカッションを主にした、音楽のことを綴っていこうと思います。

謎の練習

娘:「今日ママ暗い所の練習だよ♪」
私:「はっ」

娘:「ママ暗い所の練習行くんだよ♪一緒に行くの!」
私:「ンンッ」

娘:「ブーンって行くの!暗い所の練習♪」
私:「・・・」

はて暗い所とはこれ如何に
暗い所
暗いところ
くらいところ
クライところ
クライトコロ
クライトコ
クライトロ
ライト
クラト
クライト

・・・ンンッ

クラリネット

分かったクラリネットだっ

私:「ママはクラリネットの練習だね」
娘:「うん、ママクライトコロの練習にいくんだよねっ」

そうそう、今日はヨメ様の練習日。そうかぁ、クライトコロねぇ。
あーーー、スッキリした~~~~~あ

で、ヨメ様が練習から帰ってきたので、その事を伝えました。するとヨメ様は「デヘェッ」と笑い、ニヤニヤしながら語り始めました。

「それね、出かける前にね、今日真っ暗~い所に練習に行くんだよって話ししてたの」

ってことは・・・
そのまんまじゃんっ
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/09/30(日) 20:50:41|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

復帰

ヨメ様は、娘が生まれ色々忙しくなったこともあり、そして愛する夫にもっともっと尽くしたいとのことで、所属していた社会人吹奏楽団を辞めたのですが、23日、遂に我慢できなくなり復帰しました。しかも所属していたY楽団ではなく、近所のK楽団で。
団長さんと、入団についてメールでやりとりしていたのですが、そのK楽団、近年慢性的な打楽器パート不足の様子で、ご主人も一緒に如何ですかとのお誘いを戴いたのですが、

「ワタシはエキストラ一筋で行きます」

と、キッパリとご辞退申し上げました(笑)。

そしてヨメ様は、「えぇ~っ、どうしよ、緊張するぅ~」と言いながら、ニヤニヤと締まらない薄笑いを浮かべながら、練習に向かいました。

そして3時間後、もっと締まらない薄笑いを浮かべながら帰ってきました。
下唇の周囲が赤くなっています。
私「おかえり。ちゃんと吹いてきた」
嫁「うん」(ニヤリ)

私「発散してきた」
嫁「うん」(ニヤリ)

私「暖かく迎えてもらった」
嫁「うん」(ニヤリ)

・・・ってな具合に、何を聞いてもニヤニヤしています。余程楽しかったのでしょう。
そして、練習会場でヨメ様を更に笑わせる事があったのですそれは・・・

「今日入団する人はパーカッションの人だ、やったーぁ」

というデマが飛び交っていたらしい。
なので、ヨメ様が行くと、「あれ~ぇ、クラリネットだよねぇ~え」となったらしい。
デマの出所は多分団長さん。ヨメ様があんなにやりとりしたのに、いったいどの話がどういう風に伝わったんだろうか謎だ

そして昨日。娘を連れて練習に参加。娘は自分のボンゴ(厳密にはワタシの)を持参していく。
そして娘は会場を走り回り、ヨメ様は全く吹けなかったらしい。が、それでも楽しかったらしい。

そして娘は「パーカッションいないので出て下さい」と、エキストラをお願いされてきたらしい。
関連記事
  1. 2012/09/28(金) 07:59:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

セイビアン シンクラッシュ



リサイクルショップで発見。ナニ、2000円即買いだ…と迷わず購入。
スタンダードなクラッシュです♪
関連記事
  1. 2012/09/26(水) 19:41:04|
  2. シンバル・クラッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ZANKI シンクラッシュ



80年代にあった、イタリアのメーカーのもの。楽器屋さんで、中古品として並んでいました。あまり目にする機会は多くはないと思います。
シンクラッシュでしたが、派手ではないキラキラ感もあり、ちょっといい感じです。
関連記事
  1. 2012/09/25(火) 18:40:07|
  2. シンバル・クラッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひょうたん2012



今年はこれ1コだけ。連作障害もあるかな?先ずは中身抜いて乾燥だね
ビリンバウにしようかワサンバにしようかカシシにしようか?


昨年の千成り瓢箪で笛を作ってみました。500円玉位の大きさです。
ハンダ小手で模様をつけ、くびれ部分で切って、2ヶ所指穴を空けました。フルートの様に息を吹き込み音を出します。
素朴な音です。
関連記事
  1. 2012/09/25(火) 18:03:49|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジルジャン&Cie Aビンテージ



18インチがもう1枚ほしくて、何か良いのが無いか探していた時に見つけたもの。
オールドシンバルの音色とジャズ向けという事をコンセプトにしただけあって、やはりそういう音です。
派手ではありませんが、主張してくる音で鳴ります。メロゥです
関連記事
  1. 2012/09/24(月) 08:10:02|
  2. シンバル・クラッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

UFIPナチュラルシリーズクラッシュ



ドラムセットを購入した時に一緒に購入した楽器。
中域が豊かな、柔らかい音色です。
何故か、微かに表面からチョコレートの様な臭いがします。
関連記事
  1. 2012/09/23(日) 11:35:32|
  2. シンバル・クラッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チケットはこちら


めろめろパンチのチケットです。
前売りで購入した方には何とスペシャルな『お米』を3合プレゼントという特典が付きますどんなお米かというとっ・・・・チケットを買ってのお楽しみ
関連記事
  1. 2012/09/23(日) 10:51:54|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おめでとう

先程T小学校が県大会突破の連絡をいただきました。
おめでとう頑張りましたね
県大会の演奏を見直して、何が出来たか出来なかったか確認してみよう。それが分かれば、皆はこれからどんどん上手になっていくよ
関連記事
  1. 2012/09/22(土) 23:41:39|
  2. 練習
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

T小学校の練習へ

明後日はいよいよ県大会です。激励の為に、チョコッと練習に顔を出してきました。
体育館に向かうと、I先生が叩くポリブロックの音が聞こえてきました。そぉ~~~っと覗くと、あれっ!?先生がいません。代わりに部長さんがカウントを出し、指示を出しています。きちんと自分達で自主的に練習を進めています。日頃鍛えられているのが分かります。
ピットの様子を見に行きました。
コンサートバスドラムのAちゃんが、腕を打面に垂直に腕を振って叩ける様になっていました。
バッテリーを見に行きました。I君が各段に叩ける様になっていました。シンバルのMちゃんも体制を崩さず叩ける様になっていました。
やはりここに来てグッと上達してきました。
県大会ではどんな演奏が出来るか楽しみですね
関連記事
  1. 2012/09/20(木) 19:51:42|
  2. 練習
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こだわりの一品

A「これって何曲使うの」
私「1曲。」

A「1曲~何回使うの」
私「あ、1回だ。」

A「何それそのためにこんなの持ってきたの1曲だけで1回だけなんて意味無いじゃん」
私「・・・。」

とあるコンサートに来てくれた知人と私の会話だ。
そりゃそーだろうよ。
けれども、ボーカリストのテンションのメモリを1上げるにはマンジーラの澄んだ音が必要なことがあるんだよ。
歌詞の世界観の為に、木の実のラットルが何種類も必要な時があるのだよ。
吹奏楽で、冬を表現するためにスプリングドラムを使ったら好評だったんだよ。
男だけのダンスで荒々しさが必要なら、ブリキのバケツでリズム作るんだよ。
「もっと緑色の音で!」って言われたら緑も黄色も赤も探すんだよ。
「シャカシャカシャカシャカ・・・」よりも「チャカツカチャカツカ・・・」の方がしっくり来るならそうするんだよ。
リズム刻むだけがパーカッションじゃ無いんだよ。
たった1つの音、たった1発の音で、絵画を立体にする努力をするのもパーカッションの役割なんだよ。
だから色んな音を探すんだよ。
だからいろんなもの使うんだよ。
そしてやっとそれを見つける。
そしてそれに辿り着けないこともある。
そんなのを繰り返してる。

究極の理想は、なるべく少ない種類で、なるべく少ない音で演奏できることだ。

相反することだ。

どうしたらいいのかなんて難しすぎて分かる訳がない。

でも、分からないままで良いと思っている。

分かったら面白くなくなる。絶対。
関連記事
  1. 2012/09/19(水) 19:12:24|
  2. 楽器小噺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KMK チャイナシンバル


そのまんま中国製です。正に名前の通りです。
何故か私が叩くと良い音がしません。人様が叩くと、「クワァ~ン…」と、いかにもチャイナという音で鳴ります。思い切りが足りないんでしょうか

このシンバルは、ブームスタンドを使って、手が届くギリギリの高いところにセッティングしています。
理由は『見た目』です。確かに演奏しにくいです。
では何故となりますが、やはり『見た目』です。それは『身体を大きく使うため』で、何をしているのか、客席から分かるようにするためです。動きがあると見栄えしますからね
見栄えと言えば、以前何度か聞かれたことに、「客席へのアピールはどこで覚えたの」ということがあります。
ステージ上で客席に向かって色々やり始めた発端は、演奏中ただ立っているだけ、聞いている人もただ聞いているだけでは面白くないので、ビジュアル的にも楽しくしたい、会場の雰囲気自体も楽しくしたいと思ったことでした。
何か無いかと探していたところに目に留まったのが、アメリカのプロレスのヒール(悪役レスラー)と、ルチャ・リブレ(メキシコのプロレス)のヒールのパフォーマンスでした。
レスラーは、それぞれの役割やキャラクター、場面に合わせて自分をアピールし、会場を盛り上げています。それらを見ていて思いつきました。
せっかく手足が自由に出来る楽器をやってるわけですから、技術的なことは勿論、それ以外の色んな手段でも、演奏を楽しいものにしたいですね。

そして、9/9記載分から今回記載分のシンバルは、一風変わった形状のものばかりです。『見た目も楽しく』というビジュアル的な効果を狙っているのは勿論、音色も通常のシンバルとは違います。これは、ドラムセットのシンバルと音の種類がカブるのを避け、演奏効果を上げるためです。それらに、昨年11月に記載した『ステンレスシンバル』を加えた中からチョイスしてセッティングしています。場合によっては、普通のシンバルも組み込みます。
演奏中遊んでるように見えるかもしれませんが、これでもちょっとは考えてます。
関連記事
  1. 2012/09/18(火) 19:56:01|
  2. シンバル・エフェクト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

めろめろパンチ round7

と、言うわけで残り1カ月となりました


今回はこんな感じです。
内容がグレードアップしております。


と、言うわけで、今日は朝からその練習でした。


Tシャツに『塩』が結晶化してました。

ヘトヘトです。
チケットあります!
関連記事
  1. 2012/09/16(日) 21:53:20|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スパイラルトラッシュ



現在日本版のカタログからは消えている16インチです。
元からこういう形です。ワタシが切ったのではありません
吹き出し型の花火の光を音に変換できたら、きっとこんな音になるんだろうなという音。
20年くらい前に、アメリカのよく知らないメーカーで、これと同じ様に、バネの様にカットしてあるシンバルを出していました。今はもう無くなってしまった様です。どんな音だったんだろうか?
関連記事
  1. 2012/09/16(日) 11:08:32|
  2. シンバル・エフェクト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴロンゴロン…

まだまだ暑い日が続いてます。夜も暑いです。
私の布団には冷却ジェルの入ったマットが仕込んであります。無論ヨメ様の布団もです。娘はヨメ様の布団で一緒に寝ています。娘は私達より先に寝てしまうのですが、 ちょっとだけ困ったことがあります。
初め娘はヨメ様の布団で寝ています。冷却ジェルがあるのでひんやりした布団で寝ています。しかし時間がたつと、いつの間にか私の布団に転がってきて寝ています。そして私がねる頃、自分の場所に戻っていきます。
すると、私の布団は娘の体温で、ナマ暖かいジェルが仕込まれた布団になっています。当然私は、そのナマ暖かさに包まれて眠ることになります。
そして自分の場所に戻った娘は、熱が逃げて、改めて冷たくなった布団で、気持ち良く寝ることが出来ます。
そこで策を練りました。
ヨメ様の布団と私の布団の間に掛け布団で壁を作ります。娘が寝返りで超えられない高さを作ります。これで試してみることにしました。
すると結果はその日のうちに出ました。娘は見事に壁に引っかかっていました。つまりはヨメ様の場所で寝ているのです。娘はヨメ様の場所を生暖かく温め、自分の場所に戻って行きました。
やりました。大成功です。今夜から冷たいマットを手に入れることが出来ました。

関連記事
  1. 2012/09/15(土) 21:55:36|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

EFX



これも穴が開いています。
ジルジャンで最初に出した穴あきシンバルの16インチです。
ちょっと硬めのシンバルで、シャァーッという独特の硬い高音域があります。
直線や幾何学模様、数字で出来てそうな音、『ダダ』が小さくなって、シンバルから10000人位出てくる感じ。
単品で聞くと、それ程違和感はありませんが、普通のシンバルに混ぜると違いがわかります。でも決して浮いた音になっているわけではありません。
あ~ぁ、わかったデジタルな感じの音って言えば良いのかっ
関連記事
  1. 2012/09/15(土) 19:06:15|
  2. シンバル・エフェクト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

痛てててて・・・


2日程前から、右の肩甲骨の下のあたりが痛い。
で、お灸をしてみた。若干楽になったような気がしないでもない。
左下のウサギの様なモノは、ワタシが動けないのをいいことに、ヨメ様がニョロニョロッと落書きしたものだ。
関連記事
  1. 2012/09/15(土) 11:49:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オリエンタルトラッシュクラッシュ



一見『普通』ですが、よく見るとカップの形状がちょっと違います。
マレットでロールすると、揚げ物をしている高温の油の音がします。海老の天ぷらが美味しく揚がりそうな音です。
関連記事
  1. 2012/09/14(金) 19:03:53|
  2. シンバル・エフェクト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セイビアン ロックタゴン



丸くない八角形のシンバル。
音を一言で表すと『グワァァァァァッ』という感じ。
例えるなら、ガラダK7が頭部の鎌をフルスイングでブン投げた感じ。もしくはゴジラが目一杯振りかぶって火を噴いた感じ。
関連記事
  1. 2012/09/13(木) 18:02:41|
  2. シンバル・エフェクト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

O―ZONEクラッシュ



見ての通り、穴のあいたシンバル。
クラッシュ音に「シャァー…」という高音域が加わってます。
普通のクラッシュとエフェクトシンバルの中間と言う感じ。
関連記事
  1. 2012/09/12(水) 18:58:40|
  2. シンバル・エフェクト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

T小学校の練習へ

今回は打楽器パート関係者が私の他3人もいらっしゃったので、私は楽器の調整係の任務に邁進しました。
スタンドシンバルは、これまで16インチを使ってましたが、曲中の使われ方を考慮して18インチに変更。出来れば全く違うニュアンスのシンバルを1、2枚付けたいところです。
バッテリーのみんなの動き方がヨタヨタしています。どうやら足の運び方に改善の余地がある様です。チョコッと話はしてみましたが、なかなかすぐには直せません。大会までの時間をつかって改善していきましょう。
そして昨年に引き続き、またもやタイムラグの問題がっっ特に、トロンボーンのソロでのスネアドラムの絡みの部分で、それが目立ってしまいます。見せ場なので、改善策が必要になってくるかもしれません。
鍵盤楽器のマレットの硬さの種類を揃えたいですね。新人5人が叩ける様になってきたので、表現できることも増えてくるので、そろそろ揃える必要が出てきました。
まだ曲を覚えきってない人もいるようです。大会までの、残りの時間を上手に使おう
関連記事
  1. 2012/09/11(火) 23:58:24|
  2. 練習
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィルターチャイナ



14インチの小振りで厚めのチャイナシンバルです。エッジが波打ち、ボウに穴が開いています。それらの形状と材質の効果で、アタックの効いたノイジーな硬いサウンドを奏でます。
実際に硬いシンバルで、変な叩き方をすると手を痛めます。私は普段手で叩いているので、何度かしくじっています。
スティックで叩く場合でも、綺麗にヒットしないと、その形状とサイズ故に、非常に貧弱な音になってしまいます。本当はは繊細な楽器なのかもしれません。
関連記事
  1. 2012/09/10(月) 20:01:57|
  2. シンバル・エフェクト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コーンスープ


売れすぎて販売停止になっているそうだが、思った通りの味だったというのが、ヨメ様とワタシの共通した見解だった。
関連記事
  1. 2012/09/09(日) 22:11:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トラッシュフォーマー



見ての通りグシャッとヒン曲がったシンバルです。元々こういう形状です。ワタシが自分で曲げたのではありません。
音もグシャッとしたサスティーンの短いトラッシュサウンドです。
ドラムが入るバンドでは、シンバルの音が被らない様にしたいので、ちょっと毛色の変わったシンバルを揃えて組んでいます。
私は、曲のジャンルやバンドの規模などでセッティングを変えなければならないことがあるのですが、このシンバルだけは、常設シンバルです。
関連記事
  1. 2012/09/09(日) 20:00:57|
  2. シンバル・エフェクト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何年ぶり?

仕事関係の集まりに参加したら、中学校の同級生に会った。初め全く気がつかなかったが、話をしているうちに「あれ~ぇ、もしかしたら…?」となったのだ。
30年ぶりだろうか?
ちょっとビックリでちょっと嬉しい出来事だった。
関連記事
  1. 2012/09/08(土) 20:35:37|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スプーン

楽器になっちゃう食器シリーズとでも言うのだろうか
第1段は『スプーン』です。
スプーンは、食べ物をすくう部分を背中合わせにして、膝や手のひらに打ちつけると、コツコツ、パキパキとしたカスタネットの様な音が出ます。材質やサイズによって音が違います。


真ん中のカラフルなスプーンはロシアのホフロマ塗り(だったかな?)のもので、3個一組で演奏します。
文章での表現は難しいのですが、おおよそは次の通り。
①左掌に1本伏せて固定。
左手指でもう1本を支え、その2本は背中合わせになるように位置を調整し、指側のスプーンを動かして掌側のスプーンを打つ。
③右手に持ったスプーンで、左手側のスプーンを打つ。この組み合わせで、かなり複雑なリズムが叩けます。

そして、スプーンをもっとメカニックにしたのがこちら。
右側のは、もろにスプーンくっつけてみました感丸出し。確かに扱いやすさは各段に上がりますが、なにか物足りない感じ。



ヒョウタンの柄杓。スプーンじゃありませんが、同じ様なジャンルと言うことで。


両手に1本ずつ持って、スプーンと同様に打ちます。
開口部を手で覆う様に持って打つと、反響した音になります。
関連記事
  1. 2012/09/08(土) 19:59:19|
  2. その他の楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コキリコ



『コキリコ』という踊りで使う楽器で、本当は『ササラ』と言うらしい。
大小様々なものが出回っているが、元々は魔除けの道具だったらしいことを考えると、本当は編み込まれている板の枚数も正式な枚数とが有るんじゃなかろうか?
関連記事
  1. 2012/09/07(金) 19:57:37|
  2. その他の楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カブトムシ

何気なく振り向いたら、なんとカブトムシが。


取りあえず捕まえる。


まだまだ元気そうだ。
木に戻すと慌てて登っていた。


今年は会えないかと思っていたけど、会えて良かった。
夏の終わりの小さな1コマ
関連記事
  1. 2012/09/06(木) 10:45:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

食虫植物⑦

食虫植物と言えばコレ。


食虫植物界の英雄『ハエトリソウ』。
葉を閉じて虫を捕らえる様子は、いつ見ても、いまだに小さな感動があります。


珍しい光景がありました。
どうやら、捕らえた虫が何かに寄生されていた様で、葉ごと食い破られて羽化した跡が見えます。いったい何の虫だったのでしょう?
関連記事
  1. 2012/09/05(水) 13:10:14|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カマキリ



夜になると眼が黒くなる。

このカマキリ、食虫植物の回りを狩場にしているんだが、いつ食べられる方に回ってしまわないかヒヤヒヤして見ている。
関連記事
  1. 2012/09/04(火) 21:17:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

虹??


山の中腹の稜線沿いに虹の様な光が。
こんな現象もあるんですね。
関連記事
  1. 2012/09/02(日) 19:01:27|
  2. 天文・気象
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ