FC2ブログ

たいこのおへや

なるべく横道にそれながら、パーカッションを主にした、音楽のことを綴っていこうと思います。

ザンキ ハイハット



イタリアのメーカー『ZANKI』のハイハットですが、トップのみです。
情報は全くありません。楽器の雰囲気とカンで入手することを決めました。
手持ちのハイハットと色々組み合わせてみて、どんなボトムが合うのか研究中です。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/02/28(木) 23:19:00|
  2. シンバル・ハイハット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パイステ フォーミュラ602サウンドエッジ(黒ロゴ)


私が中学生の頃から楽器屋さんのショーケースの奥にぶら下がっていました。
ドラムセットを買って何年かたち、ふらりと楽器屋さんに行ってみたら変わらずぶら下がっていたので、気まぐれで値段を聞いたのですが、すでにフォーミュラ602がカタログから消えて何年かたった頃だったので値段が分からなくなっていました。
すると「ん~・・・、じゃ、円でいいよ。」と店員さん。定価の1/6位の金額が提示されました。買うと決める前に財布出してました。
残念ながらトップは置いていませんでした。ですので、所有するハイハットをトップにして色々付け替えで使っています。余り薄手のトップではない方がいいと感じました。
サウンドエッジはトップに組むシンバルの特性がモロに出るような気がします。
関連記事
  1. 2013/02/27(水) 22:12:58|
  2. シンバル・ハイハット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大福饅頭&パインサイダー

大判焼きの店が駅前から脇に入った道にあると聞き、やっと行ってみることができた。
非常に目立たない店だ。中にはオバチャンが2人いて、調理の真っ最中であった。
店内には2人客がいた。焼き上がりを待っているのか、微動だにせず調理室を見つめている。
打ち合わせの時にみんなで食べようと5個頼んだ。すると接客していた看板娘かもしれないオバチャンはこう言った。
「5個今2個しか無いから2個でダメ」
私は5個欲しいと言っているのだ。
「2個ならあるんだけどね、5個なの」
だから俺ァ5個欲しいと言っている
そんな間の抜けたやりとりの間に焼き上がり、5個購入する。
ソレがコレだっ


作り方はダイナミックだ。
まず焼き型に生地を流し込む。ある程度固まったら、焼き型と同じくらいの量のアンコをドサッと投入。しばし待つ。そしてその上から生地をジョジョジョジョ~っと流し掛けするのだ。それをアンコが見えなくなるまで何度か繰り返す。適当なタイミングでひっくり返す。焼き目がついたら出来上がり。
以前紹介したものに比べて、ちょっと不格好なのも肯ける。そちらの作り方はどうだったかちょっと思い出せない。
しかしこちらの方が一回り大きい。食べ応えはある。
観察していると、目の前にこんなものがあったのを発見する。


「うぉっパインサイダー」
黄色くない。中身は透明なタイプだ。
もう一人のパティシエのオバチャンが言った。
「そうなの、まだ作ってるところあるのよねぇ(笑)」
こちらも1本購入する。ビンを返しに行けば20円キャッシュバックされるそうだ。
しかもビンは最近めっきり見なくなったリボンシトロンのビンだ。
今夜ヨメ様と乾杯しよう。



と思って帰ったら、ヨメ様は娘を寝かしつけたつもりが自分まで寝かしつけていた。
踏んづけてみたが起きなかった。
先に風呂や諸々を済ませ、1時間たってもう1度踏んづけてみたがやはり起きなかった。



1個大判焼きが余ったので持ち帰ったが、私が食べてしまおう。
パインサイダーは明日まで待ってやろう
関連記事
  1. 2013/02/26(火) 23:51:52|
  2. 美味しいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

パイステ ダーククリスプハイハット


一番最初に入手したハイハットです。
「ダーク」を唱いながらもきらびやかな響きがあります。そして粒だちの良さがあります。クリスピーです。とても綺麗な澄んだ音の楽器です。
関連記事
  1. 2013/02/26(火) 17:21:17|
  2. シンバル・ハイハット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マイネル クラシック ミディアムハイハット



10インチの小さいハイハットです。
材質とサイズの関係で、チープな感じの音です。オープンサウンドはコワーッという特徴のある面白い音です。
それ故ある意味繊細です。コントロールはちょっと難しい様な気がします。
当然ですが、使う場面を選ぶ楽器です。
関連記事
  1. 2013/02/25(月) 22:41:41|
  2. シンバル・ハイハット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふれあいコンサートの練習

ふれあいコンサート4回目の練習です。
今日は全体合奏の練習でした。丸々一日使っての練習です。


まずセッティングから引っかかりました。ステージ狭くて楽器置けません。約130人が乗るので、ステージの下のフロアも使いました。その脇の隙間に打楽器を並べます。移動スペースも考慮すると、もう本当にギリッギリです。
それでも何とか並べて合奏開始です。
そうしてやっと見えてくるのが配置と不足の問題です。移動の都合で立ち位置を変えたり置き場所を帰る必要が若干ありました。そして、シンバルが足りないことが発覚。ドラムセット用に持参していたものがあったので、間に合わせることができました。セッティングを忘れないように写真取っておこうと思っていましたが、コロッと忘れてました。忘れないうちに、自分が持って行かなければならないものをメモしておこう
そして今日からパーカッションが一人増えました。彼女にパート割り振って、早々に合奏に入ってもらいました。慌ただしいですが致し方有りません。
ドラムセット久しぶりにというか、合奏で叩いたのは今回が初めてではないでしょうか?いつも練習の終わり頃にチョコチョコっとやるだけだったので、やっとという感じです。やっぱりスネアは自分のを使おう。
関連記事
  1. 2013/02/24(日) 22:18:27|
  2. 練習
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何モン?

これは、『スノーモンスタージャズオーケストラ』です。


だから『スノモン』ですね


それじゃぁコレは




今日見てきたんですけどもね、非常にキレのある動きをしていました。
関連記事
  1. 2013/02/23(土) 18:43:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

セイビアン グルーヴハッツ



2番目に手に入れたハイハットです。
まず名前と見た目に惹かれました。
ミディアムハイハットと比べると、まず「楽器の薄さ」を感じます。たたいた感触も柔らかさを感じます。その分キレの良さや一瞬の音の広がり感を余計に感じます。たっぷり鳴らしたくなる楽器です。
関連記事
  1. 2013/02/23(土) 13:49:36|
  2. シンバル・ハイハット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

99,999、100,000

職場のリースしてる車がね、今まさにこんな感じなんです。


今日大台を越えるのは分かっていたので、はらはらしながら運転していました。たまたま信号で停まったので写真撮れましたが、それこそ大台に乗った時がどんな状況になっているかですよ。よりによってバイパス走ってますしね、しかも右車線。停まろうにも停まれません。
そしてとうとうその時がっ



あ゛~っ






たまたまですが、またまた幸運にも信号に引っかかりました。
やりました。ついに走行距離10万キロ達成です

まぁ、かと言って何も出ないんですけどもね
関連記事
  1. 2013/02/23(土) 00:57:27|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セイビアン AAレギュラーハッツ(旧)



先に載せたものと同じシリーズですが、こちらは年代が下がったものの様です。
経年変化、当時の金属の純度や配合の違い、使われ方、個体差等色々な要素が絡んでいると思われますが、こちらの方が僅かにボリューム控え目で、くぐもった柔らかい音がしている様な気がします。
以前大野雄次トリオのコンサートに行った時に、ハイハットの音が凄く綺麗だったので、終演後に何を使ってらっしゃるのか聞きに行ったところ、「セイビアンのAAのレギュラーだったかな?ですね。これは30年くらい使ってます。」と教えて下さいました。恐らくこの楽器もそれ位です。ですからこれを見つけた時は、小躍りする勢いでした。でもなかなか使う機会が無く残念です。

同じシリーズで年代別のものを比べてみたのは面白かったです。
関連記事
  1. 2013/02/22(金) 19:47:38|
  2. シンバル・ハイハット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セイビアン AAレギュラーハッツ



たいがいのジャンルに当てられる、使いやすいハイハットです。
スタンダードな音色です。
「引っ越しするからあげるよ」といただいた巡り会わせの楽器です。ほとんど使って無かった様子で、新品同様で私のところに来ました。これからどの様に変わっていくでしょうね楽しみです。
関連記事
  1. 2013/02/21(木) 20:42:11|
  2. シンバル・ハイハット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まる


んんっコレ美味いぞぉっ
関連記事
  1. 2013/02/20(水) 19:54:23|
  2. 美味しいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カバサ4



ボディが木なのかココナッツを削ったものなのか判断がつきません。
木の実のビーズが使われています。細いワイヤーでまとめられており、演奏にはちょっと「慣れ」がいるかもしれません。
チャキチャキした音色です。
関連記事
  1. 2013/02/19(火) 20:45:05|
  2. カバサ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カバサ3



ココナッツの実にスリットを入れたものをボディにしています。
丸いビーズが深めのスリットに当たり、「チョリ、チョリ」という、柔らかめの音がします。
作りがちょっと荒いのが難点です。
関連記事
  1. 2013/02/18(月) 23:06:33|
  2. カバサ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キーホルダー


楽器屋さんに行ったら、こんなステキなキーホルダーを発見した
ジャンベはジャンベスタンドケースに、ボンゴはボンゴスタンドケースにくっつけることにした。
同じ形のケースを複数使っているので時々間違うんだよね。でもコレでそんな問題も一気に解決さっ
関連記事
  1. 2013/02/17(日) 23:18:57|
  2. 小道具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふれあいコンサートの練習

合同練習3回目です。
1時間ほど遅れて行ったのですが、行って早々、M高校のパーカッションの方から「あの、これ、バレンタインなんで・・・」といただいてしまいました。


ハンドメイドとのこと。帰宅してからゆっくりいただくことにしました
さて今回は、スプリングドラムを7台持って行き、合奏では3人で4台を使ってみました。
指揮者が気付きました。
「それ何ですかいいですね67小節目で1回止めてまた後で入って下さい」
雰囲気作っておしまいのつもりが、指示までもらってしまいました。しかも1回止めて入り直すなんて、この楽器が一番苦手なことなのに

午後は演奏するグループに分かれての練習です。
初めて合奏しました。悪戦苦闘しながらも、なんとか曲は進んでいきました。でもちょっと道は険しい感じです。K吹奏楽団の皆さんは苦笑いしています。来週までの宿題になりました。
練習後、中学生から質問がありました。
まずクラベスの叩き方です。こちらはすんなりできました。
もう一つが難題です。
「笹の葉の音ってどうやるんですか」
おぉっと、いきなり難しい質問です。
似ているニュアンスの楽器なら見せることができるので、次の練習に持ってくることにしました。
もしかしたら、生徒さんが自作した方が良い音を出せるかもしれません。
関連記事
  1. 2013/02/16(土) 22:48:11|
  2. 練習
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

T小学校の練習へ

やっとみんなの顔を見に行けました。
このまま会えないまま6年生が卒業してしまっては、ものすごく気持ち悪いままお別れしなければならないところでした。話したいこと、聞きたかったこと等色々ありましたが、色々なことがグルグル回って上手くはなせなかったので、余計なことは言わず、次の演奏会に向けて頑張ろうという話にまとめてしまいました。
生憎次の演奏会は私も別の演奏会が重なっており、聞きに行くことが出来ません。お互いに練習頑張りましょうね
関連記事
  1. 2013/02/16(土) 13:30:39|
  2. 練習
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すごいねぇ、ロシアに隕石だって。
明日通っていく小惑星の欠片かなぁ
関連記事
  1. 2013/02/15(金) 23:05:22|
  2. 天文・気象
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いくらだ?

『世界の貨幣コレクション』というのが発売されてますね。
試しに創刊号を手に取ってみると、紹介されているコインに、どーも見慣れたというか馴染みがあるというか知っているというか、それを思わせるデザインのものがありました。でも掲載されている写真が小さいので今一つ確信が持てません。
そして今週号にそのコインが付いて来ました。
これです。


やはり思った通り、『トーキング・ドラム』でした。ガーナのコインだったのでそうじゃないかと思っていたのですが。
トーキングドラムというと、脇に挟んでピッチを変える砂時計型のものを連想しますが、このトーキングドラムは、ハイ、ロー2つの音しか有りません。それを言語のイントネーションの高低で叩き分け、遠方に伝えるというものです。
それを聞いてコンガでやってみたことがあったのですが、ムリッ叩き手と聞き手のイントネーションのニュアンスが合わないと絶対ムリッ
詳しくは分からないのですが、おそらく叩き方、伝える言葉の決まり事なんかは有るのでしょう。やはり日本語でそれをやろうとするのがそもそもの間違いなんでしょうね

そしてこのコイン、日本円にしていくらだろう
調べてみたら『約0.5円』でした
関連記事
  1. 2013/02/15(金) 11:57:46|
  2. 音楽小噺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チョコチョコ

娘からチョコレートをもらった。


がんばってコネコネして、型に流し込んだとのことだった。


特にこの海星がいい


そしてコレがヨメ様から貰ったマーブルチョコに入っていた不良品だ。


関連記事
  1. 2013/02/14(木) 23:42:07|
  2. ほこほこたろう編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

筋肉痛

また筋肉痛だ。
今度の原因は職場の「ボーリング大会」だ。
演奏会の翌日ということも祟って、心地良いヘロヘロ感が一気に苦痛に変わった。
右の肩甲骨周りが痛い。
寝返りが打てない。
左のももが痛い。
階段を登ると重力を感じる。
あ゛~、背中まで苦しくなってきた
関連記事
  1. 2013/02/13(水) 10:16:50|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「第9回『第20回東北学生音楽祭』」⑤


廊下で楽器を片付けていると、トランペットとピアノの姉弟DUOの『サファリパークDUO』の2人がご両親と一緒に通りがかりました。
「これなぁに」
興味を持ってくれたのは、ピアノの弟くんでした。
楽器をあれこれ説明し、ちょっとだけお話しできました。
二人はいつも楽しそうに演奏しているので、一度お話ししてみたいなと思っておりました。
色々な演奏者、参加者と話をする機会を得られるのが、この演奏会の良いところだと思います。

T小学校のI君ご家族が会場に足を運んで下さっていました。久しぶりにお話しすることが出来ました。いつの間にかすごく背が伸びていました。みんなが卒業する前に一度顔を出したいんですけども、なかなか時間がとれずにいます。

それから、なかなか会えない方々とも会うことが出来ました。皆さん変わりなく演奏活動をなさっていらっしゃいました。この演奏会は再会の場でもありますね

「第10回『第20回東北学生音楽祭』」につづく
関連記事
  1. 2013/02/12(火) 13:16:16|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「第9回『第20回東北学生音楽祭』」④

今回使った楽器②


・タンバリン
・フレクサトーン
・当たり鉦
・アンクルビーズ
アンクルビーズは文字通り足首にくくりつけて演奏しますが、コレが演奏中外れるというアクシデントに見舞われました。



・アフリカンベル
・カスタネット
今回自分の中で一番のアタリは、アフリカンベルでした。曲にスゴくマッチした様な気がします。



絵に描いたようなエフェクトシンバル2種。
ノイジーにも使えるし、刻んでも良いかもしれない。

つづく
関連記事
  1. 2013/02/12(火) 00:13:10|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「第9回『第20回東北学生音楽祭』」③

今回使った楽器


全体はこんな感じ。やはり普段よりこじんまりしています。



メインの皮モノ。
・ジャンベ
・ブーガラブー
・ミニコンガ
ミニコンガは娘に買った楽器です。ワタシが使っているのが見つかったら、これは自分のだと激しく非難されるのは必定です



吊りモノ、金モノです。
・ペットボトルキャップラットル
・セミーヤ
・チャフチャス
・フィンガーシンバルツリー
・スプリングドラム・ウォッシュボード・タイ
・ウィンドチャイム
・O―ZONEクラッシュ
・ロックタゴンスプラッシュ
ウォッシュボード・タイは、撮影のためスプリングドラムに引っ掛けてあります。



足まわり、下まわりです。
・カウベル
・カホン
本当はタンバリンもペダルにセットしたかったです。
カホンはペルーで買ってきたものです。以前も触れましたが、やはり音がこもってしまった様に感じます。気候の問題なんでしょうね。

つづく
関連記事
  1. 2013/02/11(月) 23:08:09|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「第9回『第20回東北学生音楽祭』」②

午後の部が始まりました。私達は2番目です。
今回は楽器がいつもとちょっと違いますが、私の立ち位置も変えました。いつもはステージから客席正面に構えるのですが、今回は客席に向かって左90度、つまり右側から演奏が丸見えの状態です。以前何かのコンサートに来て下さった方から、「楽器は見えるけど、何をどうやっているのか分からない」というご意見を頂いたので、それを参考に考えてみました。
結果どうだったかというと、大変良好でした
常にバンドの皆の顔が見えるので、『間』を感じやすいです。普段のセッティングの時も、必要に応じて皆の方を見ながら演奏していましたが、横向きセッティングだと顔を上げるだけで見えるのでなかなかいい感じです。以前フォープレイのコンサートに行った時に、ドラムのハーヴィー・メイソンが客席に向かって右90度にセットしていたのにも頷けます。そしてそれは演奏終了後にも結果を出しました。
まず、ステージ袖をウロウロしていたら、サックスの見知らぬお姉さんから「ステキでしたカホンとかカッコ良かったですぅ」とほめられました。
そして、廊下で楽器を片付けていると、今回のゲストのこやなぎ京さんからも「カッコ良かったッスよぉ」とほめられました。こやなぎさんは、ペットボトルキャップラットルにも興味を持って下さり、写真を撮っていかれました。ご自身のツイッターに載せるかもしれないとおっしゃっていました。
そして、楽器を車に積みに外に出ると、楽器を持った二人連れのご婦人方に「あれ~ぇ?もう取っちゃったんですねぇ~?」と話しかけられました。どうやらウォッシュボード・タイの事を言っている様です。「客席にまねしてる人いっぱいいましたよすごく楽しかったですぅ」とのことでした。ほめられました。
楽器を積み終え、ちょっと休んでいると電話がありました。例の新潟遠征の行き先のバンドのIさんからでした。楽器についての質問の電話でしたが、これまた横から見せたのは面白い、あれは良かったとのお話でした。ほめられました。
どうやら横向きセッティングは概ね好評の様です。機会があったらまたやってみようと思います。
関連記事
  1. 2013/02/11(月) 12:03:20|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「第9回『第20回東北学生音楽祭』」①

さて、今日は「第9回『第20回東北学生音楽祭』」でした。
会場まで車で1時間。車の中は今日演奏する曲を流しっぱなしです。フレンドリープラザに行くときは必ず寄っていくコンビニがあるのですが、そこにも寄らず、ひたすらイメージトレーニングです。
会場入りしました。トロンボーンのSさんご夫妻も同じタイミングで到着しておりました。
そして例によってノタノタと楽器を搬入します。いつもより使う楽器を減らしてきたので、セットするのは楽チンなのですが、準備の時間が足りなく、シンバルは選んでいるヒマが無かったので、ケースごと余計なシンバルまで持ってきてしまっていたので、ちょっと荷物は減らせませんでした。
ダラダラしながらも楽器を組み立て、新しいセッティングにしてみました。思った以上にコンパクトです。
チョコチョコ叩いて微調整していると、何やら背後で妙な気配が・・・。振り返ると、毎年このイベントでステージ係をしてくれているO高校の演劇部の生徒さんでした。妙なモノが並んで妙な奴が妙な音を出しているので様子を見に来た様です。楽器にも興味を持ってくれたようで、リハーサルの待ち時間や空き時間になると、チョコチョコと来てくれ、話し相手になってくれました。パンディロを叩くと踊り始めたりと楽しい女子高生達でした。
いよいよ本番が近づきました。楽器を舞台袖に移動します。


出番を待つ楽器達。
つづく
関連記事
  1. 2013/02/10(日) 23:33:51|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すれちがう

出勤時、川沿いのあまり広くない道を通っていく。
前方から車が来た。
少し先に道が広がっている所があるのでそこに停まって待つ。
前方から来た車のドライバーは、両脇に注意を払いながらスッと右手を挙げ、ゆっくりゆっくり通っていく。
私も再び走り出す。
T字路に差し掛かると、再び対向車が来るのが見えた。
するとだいぶ手前でて停まり、私が通るのを待ってくれた。
私は左の路肩を見ながら、対向車のドライバーにスッと右手を挙げ、相手の車との距離を計りながらゆっくり車を進めた。
少し走ってバックミラーを覗くと、今度はその車が同じことをしていた。
いい朝だ。
関連記事
  1. 2013/02/08(金) 19:33:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の練習

さて、「第9回『第20回東北学生音楽祭』」の本番前最後の練習がありました。
今回は、『なるべくコンパクトに』というコンセプトの下、いつもと違うセッティングを試してみましました。
うん、悪くありません。
勿論必要な音は揃えますが、楽器の並びはいつもよりコンパクトに出来そうです。
なるべく楽器を減らして効果的に使えるようにしようと思います。
関連記事
  1. 2013/02/07(木) 23:58:15|
  2. 練習
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新潟遠征


TOYOSAKA Bigbandの2周年コンサートに出演が決まってしまったらしい。
詳細不明。お声がかかった数人も、何も知らされておらず「?」という状態だ。今のところこのチラシだけが唯一の情報源だ。
関連記事
  1. 2013/02/07(木) 11:47:55|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

・・・ごはん

まさに「たった今の今」の出来事なのですが、ヨメ様が寝言を言いました。

「ん~・・・・・・・・・ごはん」

腹が減ったんでしょうかいやいや先程一緒に夕飯食べました。
分かったきっとおかわりしたかったんだ
関連記事
  1. 2013/02/05(火) 02:01:14|
  2. ヨメ様変
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダルブッカの練習会


先日楽器屋をフラフラしていたら、ダルブッカのワークショップの案内を見つけた。ダルブッカはあちらこちらで見聞きするものの、私の周りでは実際の演奏を目にすることはなかなかありません。ここは一つ受講してみることにしました。
さて講習です。
勿論初心者コースから受講です楽器に慣れるところから始めます。
途中参加の人が来ました。あれま、よく見たら知人のK君です。ダルブッカやってるのは知ってましたが、こちらで練習していたんですね。
次に楽器の構え方、音の出し方と進みます。打面を立てるという独特の奏法なので、叩き方も特徴があります。なかなか難しいです。コツを教えていただきましたが、楽器の構造(リムの形)も奏法に関係しているのが分かりました。
練習しているうちに、ほかの楽器の叩き方の見直しにつながる様なところも見つけたので、これは大きな収穫でした。
そしていよいよリズムです。リズムを分解して、リズムの理論から入りました。右手、左手それぞれの役割を意識しながらの練習となりました。本格的なリズムの前段階の練習でしたが、リズムを意識する良い練習でした。が、演奏に必要な音をまだまだ出せないので、そのままで叩いているのは気持ち悪いです。何とかしたいですね。
練習後、K君、練習でご一緒したお二方としばし談笑。再会を約束し、帰路につきました。


そしてその夜、またまた大変なことがっ
なんとまたまた筋肉痛です
今度は首のすぐ下、背筋です。3時間程の練習で、その2時間後には背中がゴリゴリになっていました。ちょっと身体を捻るような動作をすると、鈍い痛みが走ります。
ドラムに続きダルブッカまでもです。どうもいけません
さて、次はどのタイコだ
関連記事
  1. 2013/02/03(日) 17:22:46|
  2. 練習
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ