FC2ブログ

たいこのおへや

なるべく横道にそれながら、パーカッションを主にした、音楽のことを綴っていこうと思います。

マインドフルネス2017


現代アートを展示しているとの事だったので、以前から楽しみにしていたんだが、休日はことごとく呼び出しがかかり、とうとう最終日の夕方になり、ようやく行ってくることが出来た。
しかもこの日も呼び出しがかかっていたのだ。

20170831232022e2e.jpg
現代アートとそうでないものの境目ってどういうものなんだろう?
どうやって区切るんだろう?
2355でも現代アートのコーナーがあるけど、あれも面白い。「ナンだコリャ?」とか「・・・ンでッ?」とか「おぉ~~~ッ」とか言いながら見ている。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/08/31(木) 23:20:50|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Jアラート

いつもと違うスマホのアラーム音で目が覚めた。
Jアラートだった。
メールの文面を読んで、ほんの少し驚いた。
ヨメ様はノソリと起き上がった。そして部屋を出ていった。
逃げることもかなわんし、うーたん起こして怖がらせるのも可哀想だ。仕様が無いこのままうーたんと一緒にいよう、この辺に着弾するならあと数分のはずだ・・・と、ぐっすり寝ているうーたんの頭を撫でながら、ただ時間が動くのを待つ。
そして時計に目をやると、時刻は6時20分。多分もう大丈夫だ。
テレビでミサイルの軌道や着弾地点を知る。

後で聞いた話だが、県庁の近隣の人達が、「頑丈な建物」に避難しようと県庁に行ったが、何の対応も出来なかったそうだ。

もしアレが陸に落ちたら発射した国は何て言うつもりだったんだろう?
もしアレが陸に落ちたら国のエラい人は何て言ってたんだろう?

今何事もなく済んだから言える笑い話だが、ヨメ様は、
「アレ鳴らなかったら寝坊してた。お弁当無しッ❗てなるところだった」
と、口を真一文字にして語っていた。
あー、なんだ、ほこほこたろうのところに行ったんでもなかったのね。
関連記事
  1. 2017/08/30(水) 00:19:41|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

血圧

ブチ切れそうになった時に、ふと思い立ち血圧を計ったら、ほとんど変わりは無く、脈拍数が増えただけだった。
怒りと血圧は関係ないのか?
関連記事
  1. 2017/08/29(火) 23:18:31|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ザトウムシ

20170828233641a85.jpg

何かいる・・・。


20170828233642cea.jpg

ザトウムシだっ‼️
確かフランスだったかのアーティストがこんなロボット作ったんでなかったっけかな?
よく覚えてない。
不確かだ。
一見クモみたいだが、ホントはダニの仲間だとか蠍に近いだの、良く分からない状態らしい。

20170828233644dbe.jpg

だからというわけではないが、多分ダニの類いだと思われる赤いヤツに寄生されてる。
ついでに足が一本足りない。

関連記事
  1. 2017/08/28(月) 23:50:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

へぇ~。

妹らメールが来た。
なんか、昨日から走ってる人が走っているところが自宅から見えたらしい。
ちゃんと走ってたらしい。
関連記事
  1. 2017/08/27(日) 23:50:37|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ログドラム?


フィジーのコイン。
多分図案はログドラムとかスリットドラムとかの類いだと思う。
関連記事

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2017/08/26(土) 23:54:40|
  2. 小道具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蜂の子

20170825195343f3d.jpg
職場の車庫にスズメバチが巣を作ったので、大きくなるのを待っていたら、あっという間に見つかって、業者さんを呼んで取られてしまった。
ガッカリしていたら、事務の人が来て「欲しがるんじゃないかと思って・・・」と中身をもらっていてくれた。


心弾ませ自宅に戻り、中身を取り出す。
変な角度で落ちたうえに、水溜まりに落ちた様子で、3分の1位はつぶれたりしていた。おまけに一晩たったので元気がありません。きれいなものだけを取り出した。

20170825195346711.jpg
小さいフライパンにバターを落とす。
あっという間にいい香りが漂いだす。

20170825195348201.jpg
そこに蜂の子&サナギを投入する。
更に芳ばしい香りが広がる。
ちょっと焦げ目が見えたら完成。

ヨメ様からは辞退されました。
うーたんは1番大きいのをモグモグ食べてました。
ほこほこたろうはサナギを食べて「ショリショリする」と渋い顔。

もちろん職場にも持っていきました。
当然事務の人に。
「いりません」
キッパリと断られました。
同僚の男性らは「うぇ~~~~ッ❗」と言いながらも「アレッ?美味い⁉️」
同僚の女性らは「*&#%〇※@〒§♭‡◎★∞‰≡∮〜〜〜〜〜💢‼️」とムチャクチャ拒絶されました。

もうちょっと数があれば、もっと美味しく仕上げられたんですがねェ。
関連記事
  1. 2017/08/25(金) 23:55:03|
  2. 美味しいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ごらちっち④


「ぱぱ見てぇ~ッ❗」という声に振り替えると、うーたんが「ごらちっちッ❗」と自作の「ピタゴラ装置」を指差して得意気に仁王立ち。
小さな玉をおしり拭きの上から転がし、逆さにしたタイコの中に落ちるというもの。
が、なかなか玉がタイコの中に落ちてくれない。
どれどれ、ちょっとパパに見せてごらん。
どうやらおしり拭きがタイコと平行ではなかった様だ。
角度を直してもう一回やらせてみる。
コロリン🎵
「おぉ~~~ッ❗」(パチパチパチパチ)
思わず自分で拍手をしている。
おっ、上手くいったね。
さあ、沢山やってごらん。
関連記事
  1. 2017/08/24(木) 19:26:41|
  2. うーたん編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノーズフルート②


実は最近ちょっとハマっている。
ものの本には「簡単に音が出る」という旨の記載があったが、やってみたら全く出ない。
ソレもそのはず‼️私に最初に音の出し方を教えてくれた楽器屋さんのニーチャンが、なんと楽器の使い方を上下逆に教えてくれていたのだ‼️数年前にノーズフルートに触れた記事の画像を見ると、ワタシが上下を逆に認識しているのが分かります。
さて、この鼻笛、とても吹きやすいです。以前のものを正しい向きで吹いてみたのですが、これよりも音がかすれ、高い音が出しにくく感じます。
この3号機は材質はオニグルミで、1号機、2号機に比べると、作りが精巧です。故にか音も出しやすく、音の変化はタンギングとブレスコントロールのみでのコントロールしますが、1日30分くらい練習すると、1週間もかからずかなり自由に吹けるようになります。
という訳で、ワタシが扱う数少ないメロディーを奏でる楽器です。
関連記事

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

  1. 2017/08/23(水) 23:57:21|
  2. その他の楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

だんご


萬寿屋のみたらし。
なんか普通。
関連記事
  1. 2017/08/22(火) 23:57:59|
  2. だんご🍡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メンマチャーシュー麺


ヨメ様とラーメンを食べようという話になり、近所で行ったことのない店に行くことになりました。
行ってみたのが『やぶそば』というお店。選んだのはメンマチャーシュー麺。
スープを一口飲んだときは「ちょっとトゲトゲしてるかな?」と思いましたが、麺を食べたら良い感じで丸く収まりました。
ほこほこたろうは塩ラーメンをチョイス。スープを一口もらったらすっきりした味でした。次は塩ラーメンにしてみようと思います。
関連記事
  1. 2017/08/21(月) 23:51:08|
  2. 美味しいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

めろめろぱんちRound12

20170821002815103.jpg
さて、気がついたら1ヶ月後となっておりました。
気持ち切り替えて行きましょう❗
がんばれオレ❕

関連記事

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

  1. 2017/08/20(日) 23:23:25|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ごらちっち③


うーたんにせがまれ、ごらちっち3号機を作成。
透明な排水ホースの中を、ビー玉が転がっていきます。
トイレットペーパーの芯は、うーたんにどうしても着けろと持ってこられたのでくっつけてみました。
関連記事
  1. 2017/08/19(土) 23:40:19|
  2. うーたん編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベサメ ムーチョ②

昨夜ようやく大将の奥様に電話でお悔やみを伝えることができた。年賀状の写真に何か違和感の様なものを感じていたこと、病状が良くない方に変わってしまった話を聞くのが怖くて、連絡を躊躇っていたことをお伝えした。ライブの予定を入れていたこと、闘病中の様子、亡くなったときの様子等を教えていただいた。
大将にもっと教えてほしいことがあった。話したいこともあった。やはり会えないまでも、せめてもう一度声を聞いておけば良かったと思った。
お話ししている時に、急に以前のライブの録音をCDに焼いたものを頂いたのを思い出した。帰宅後すぐに探した。
20170818234239fb6.jpg

今朝出勤する車の中で聞いた。
もう聞くことができない声が聞こえてきた。
1番最後に入っていた曲は、アンコールに歌った『ベサメ ムーチョ』だった。

大将、オレまだベサメムーチョ半分しか歌えないよ。
関連記事
  1. 2017/08/18(金) 23:47:42|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベサメ ムーチョ

大将が亡くなった。
彼にもらったパンディロが形見になってしまった。
大将とは私の友人だ。
友人と言っても35才も上だ。だがあえて友人と呼ぼう。
彼と知り合ったのは20年以上前だ。確か「コンガを叩くオヤジがいて、一緒に叩く人を探しているので会ってみてくれないか」との楽器屋さんの紹介だった。あ~そうなんですかと話を流していたが、その後も何度も誘われ、近々某ビッグバンドのコンサートにも出なくてはならないみたいだからと、半ば押しきられるような形で会うこととなった。
「やぁ~、どぉ~もぉ~」と現れた彼の第一印象は「なんだこの胡散臭い軽いオッサンは?」であった。確か練習も兼ねて、どこかに楽器を持って集まったんだったと思う。本当はもう一人いるんだが今日は来てないとのことで、二人でしばし合わせた。
彼がコンガ、ワタシはボンゴ。
楽しい。
コンガ、ボンゴを二人で叩いたのは学生の時以来。
やっぱり楽しい。
こうして彼との付き合いが始まったのだ。

彼は若い頃は音楽でご飯を食べていたのだそうだ。
某女性歌手が来日した際は、バックバンドに呼ばれたりもしてたのだそうだ。
色々な演奏依頼に連れていかれた。そこでむちゃくちゃ鍛えられた。3ヶ月100曲だの、ライブの案内をもらったので行ってみたら出演者欄に名前が書いてあっただのもこの頃だった。無理難題もあったが、演奏するのはとても楽しかった。

彼は、自分のラテンユニットを「ソノーラ・コンパニェーロ」(楽しい仲間の意)と名乗った。
だが楽しいだけで時間は過ぎなかった。大将の回りでトラブルが続いたのだ。彼が振り回された形の事ではあったが、彼はそれらの処理をすませると、「違う場所で暮らすことにした」との話があった。これ以上の関わりはゴメンだ、それに自分の回りの人にも迷惑が及びかねない、と、この地を去ることにしたのだとのことであった。ここは寒いからもっと暖かいところに行く、海の近くに住んで釣りをする、と飄々と話していた。もう「ソノーラ・コンパニェーロ」名義で演奏することは無いんだなということに気づいた瞬間だった。
そして雪は積もっていたがとても天気の良かった日、しばらくは全く連絡できないと思うが、落ち着いたら連絡するよと彼はこの地を後にした。

ある時、某市のコミュニティセンターから、どういうツテで繋がったのか、私にサンバの体験の講師の依頼が来た。しかも対象が60代~80代の地域の役員などに就いている方々の総会の中のプログラムの1つとしてだ。一緒にやってくれる人を四人集め、五人で臨んだ。係の方に「グループ名はなんとご紹介すれば・・・?」と問われ、咄嗟に出たのが「あ、・・・ソ、ソノーラ・コンパニェーロ・・・セクンド!、ソノーラ・コンパニェーロ・セクンドでお願いします!」であった。「セクンド」は「2」だ。ソノーラ・コンパニェーロの2ndシーズン位に捉えてもらえるとというところだ。以来ラテンやサンバ関係のユニットを組む時は、「ソノーラ・コンパニェーロ・セクンド」を名乗っている。

そしてかの地。
彼は話していた通り、海の近くに住むことになった。しかも最愛の人をも得てだ。
当然音楽は続けていた。パーカッションを教えたり、音楽団体の代表をしたりと楽しく忙しくやっていた。
大好きな釣りもだ。目の前の海に竿を振って、趣味と食材確保の実益を兼ねて毎日やってると楽しそうに話していた。
船で沖に出ることもあり、鰹や、私の結婚祝いにと、たくさんの鯛を送ってくれたこともあった。

何かの折りに長い手紙をもらった。こちらにいた頃の演奏の事、私の演奏の事。なんだかやたら誉めてくれていた。お前の演奏は人を楽しませる、お前自身がグルーヴなんだという旨の事が書いてあった。なんだかお礼の品を送らなければならない様な内容だった。
大将から仙台でライブをするので一緒にやらないかとの連絡が来た。が、日程を聞いて泣く泣く断念した。すでに別のステージが入っている日だった。が、コンサート翌日に会うことができ、久しぶりにセッションすることができた。彼が紡ぐコンガの上で気の向くままにボンゴを転がすのは気分が良かった。久しぶりの感覚だった。セッションは日付が変わるまで続いた。

数年前、彼に大きな病気が見つかった。ドクターから説明があったそうだが、彼の反応は「・・・あ、そう。」だったそうだ。特に治療もせず、普段と変わらずお気楽に過ごすことにしたのだそうだ。

今年も年賀状を頂いた。ハガキを見て、何か変な感じがした。

4月の末頃から、急に「ベサメ ムーチョ」が頭のなかでぐるぐる流れるようになった。気がつくとメロディを口ずさんでいることもあった。

5月は私の誕生月だ。益々ベサメムーチョが頭のなかで流れるようになった。

そして今月、ふと思いついた。
「そうだ、大将にベサメムーチョの歌詞、カタカナで教えてもらおう。」
ベサメムーチョは、ソノーラ・コンパニェーロで演奏する時に大将が必ず歌っていた曲だ。内容は、病床の女性が愛する男性に死への不安と慰め、キスを訴える歌だ。
台風が近づいていることもあるので、様子伺いがてら大将にメールした。
しかし、返事をくださったのは、彼ではなく奥さまだった。その時に彼がもういないことを知った。彼がコンガと釣竿を担いでフラッと行ってしまったのは5月とのことだった。

年賀状に違和感があったこともなんとなく合点がいった。
ベサメムーチョが聞こえていたのは「あ、トミー。僕もう死んじゃったからさぁ、行くね。」という別れの挨拶だったのかもしれない。

彼のことだ、痛みや不安があっても、ちょこちょこ冗談を言って回りの人に心配をかけないようにしていたのだろう。しかし奥さまの事を思えば「ベサメムーチョ」の歌詞さながらだっただろう。

もしかしたら向こうまでの道のりの途中、「僕もう満足したからこれもう要らないよ。重いし邪魔だから置いていくね」なんて折角持たせてくれたコンガも釣竿もその辺に転がして、歌いながら歩いているかもしれない。

全く本当にいつも突然だ。
突然ライブ入れたり、本番中に曲目変えたり、今回の事もだ。
今度会ったときには小言の一つも言ってやらにゃならんな。
だから大将、そん時は塩焼きそば作って待っててくれ。

関連記事
  1. 2017/08/17(木) 19:53:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カヒータ


ペルーの箱の楽器と言えばカホンですが、こんな箱の楽器もあります。
付属のストラップで首から下げ、蓋を開閉する音、箱の角や面をビーターで叩いた音でリズムを刻みます。
この楽器も、本来ならば大中小と3サイズセットになる楽器です。が、1番小さいサイズが、あまりにもカキンカキンする音だってので、入手をためらってしまったのでした。が、帰りの飛行機の中で早々に後悔してました。

関連記事
  1. 2017/08/16(水) 22:49:06|
  2. その他の楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熱帯魚

所謂夏休みの家族サービスというやつで、某所の水族館に行って来ました。


「ドクターフィッシュ」ガラ・ルファという鯉科の魚。
水槽に手を入れると、一瞬でニョワ~~~ッ❗と集まり、手のひらに吸い付くようにはむはむされる。
古い角質をかじりとり、皮膚の病の治療や、プールや温泉で全身をはむはむされるセラピーもあるらしい。

20170815010808daf.jpg
「トランスルーセントグラスキャットフィッシュ」見ての通り、透明なナマズ。
初めてこの魚を見たのは小学5年の時。担任の先生が、昇降口にセットした水槽にいたのだ。透明な体を虹色に光らせながら泳ぐ姿に心を鷲掴みされました。未だに好きな熱帯魚ランキングの上位にいます。
その辺の話はまた今度。

で、この水族館の展示内容ですが正直なところ以下の理由で好みではありませんでした。
・物理的に見辛い。
・水槽のテーマがわからない。中南米、東南アジアの魚が混在している水槽が多い。アフリカンシクリットは流石に個別でしたが、なんだか「お家の混泳水槽」の趣です。
・魚の説明がほぼ無い。
・改良種の展示が多い。改良品種が良くないというのではありません。我が家のチビ助さんたちに「こういうのが川で泳いでるんだ‼️」という誤解を避けたかったのです。

その反面、爬虫類コーナーは充実していると感じました。カメレオンや蛇もいました。
他にもフクロウが二種類いたのも良いですね。
大型魚の水槽もレッドテールキャットとブラックコロソマが丸々としていて良かったです。
関連記事
  1. 2017/08/15(火) 23:50:48|
  2. 動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カナブン

20170815010803e97.jpg
職場の網戸に何か飛んできた。
表に回って見てみたら、カナブンだった。
目にする機会が多いのは、メタリックなエメラルドグリーンに輝くアレかと思うが、今回見つけたのは、グリーンの上に赤が乗っているタイプだ。
カナブンは同種のなかでも色の固体差が大きく、先の2色の他、濃いグリーンや青みがかったもの、黒に近いもの等がいる。どれもとても綺麗だ。
関連記事
  1. 2017/08/14(月) 23:42:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

カーハ


ペルーの小さい両面太鼓。
本当は大中小の3個組なんだが、1番小さいのが皮がベロンベロンでクラックもあったので手が出なかったのでした。
残念ながら詳しい奏法やリズムは全く分からないのですが、叩いたときのシンプルな伸びすぎないポーンという響きがなんだか良いです。
2つ並べてポコポコやるのも面白いです。
関連記事
  1. 2017/08/13(日) 23:45:40|
  2. その他の楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

猫に化かされた話

県内某所に『猫の宮』というところがあります。もう17~8年程前になるが、そこで体験した話。

当時仲の良かった女子(仮にMさんとしておきます)が「これ何?」と見つけてきたのがそれでした。単なる好奇心で行ってみることにしました。
風の強い日でした。
すぐ近くには『犬の宮』もありました。どちらも飼い犬、飼い猫を供養するためのお宮でした。
初めに行ったのは犬の宮。そこには犬の写真や首輪がたくさん納められていました。
そして猫の宮に向かいました。猫の宮にはそういったものが納められてはありませんでした。
静かな雰囲気の中、足を進めました。
お宮の回りはすべて田んぼで、敷地に沿って藪になっていました。
お宮の前でキョロキョロ回りを見ていると、敷地の左角の藪からネコの鳴き声が聞こえました。「お、ネコ?」「流石猫の宮」と、鳴き声の方に見に行来ました。が、いません。私たちの気配で逃げたのでしょう。
すると今度は私たちのの右側の角から鳴き声が聞こえました。鳴き声がする方に歩いていきましたが、やはりいません。今度は2m程右側から聞こえました。そこに近づいたとたんそこから更に右側にある角の辺りから聞こえてきました。
慌ててその角まで行きました。が、姿を見つけられません。鳴き声が聞こえて1秒程で移動しているので、いくらなんでも藪の中を1秒で逃げられるなんてことは考えにくいです。
二人であっけにとられていると、また鳴き声が。しかも頭上から。お宮の屋根からです。
驚きと共に妙に納得しました。実はその日は風が強く、風向きが頻繁に変わっていました。それで鳴き声の聞こえ聞こえ方が変わったのだと思いました。
そうか、降りられなくなってるのかと、私たちは屋根の上のネコの姿を探すべく、お宮の屋根を見上げながら、回りをぐるぐる歩きました。
そして、ふた回りほどして一番最初に鳴き声がした場所にに来た時です。私たちの後ろ、つまり藪からまた鳴き声が聞こえました。
驚いて振り返り、藪の中に目を凝らしました。
するとまた私たちの後ろから鳴き声がしたのです。
すぐ近くです。
振り返るとそこはお宮です。
また聞こえました。
お宮の中です。

「なぁ・・・」
「何・・・?」

「・・・なぁ」
「だから何ッ⁉️」

「おかしくねぇか?」
「変だよ、おかしいよぉ~ッ❗」

「まて、ちょっとだけ冷静になろう。」
「怖いよ~ッ❗」

「まずよく考えたら鳴き声の聞こえ方、有り得ねーよな?もしかしたらオレら、ネコに化かされたとか?」
「えー、何で~何にもしてないよー⁉️」

「いや、知らないうちに何か礼に欠くことしてしまったのかもしれん」
「えー、わかんないよそんなの~、じゃあどうすんの~?」

「ンんー、これはとにかく謝って、速やかにここから離れるしかないな」
「そんなんで良いの⁉️」

「それはわからんよ」と言いながらお宮の正面にまわり、お参りし、知らずに働いたかもしれない無礼を詫び、足早にそこを離れました。道路に出てからは走って車まで逃げました。
帰りの車の中は微かな安堵とビビりで満たされていました。
気のせいか、その地区を抜けるまでの間、やたらと猫を見つけました。そして猫に見られました。その度に「追いかけてきたのか⁉️」とビビってました。
ネコの神様だったのか、化け猫だったのか猫又だったのかキャシャ猫(県内にある伝説に出てくる猫の妖怪)なのか、怒りに触れたのかからかわれたのか、その辺は分かりませんが、とにかくビビった出来事でした。

予告していた猫又のお話でした。
関連記事
  1. 2017/08/12(土) 17:56:27|
  2. 妖怪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

見つけたッ!


コクワガタのメスを発見‼️

20170808225149e52.jpg
もっといないか探したら、なんとカブトムシのメスも発見‼️

201708082251506f7.jpg
こんな風に集まると、さしずめ『女子会』と言ったところか。
関連記事
  1. 2017/08/10(木) 23:59:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

うんこドリル

ほこほこたろうの夏休みの宿題の学校の問題集が終わったので、自主勉強用に何か問題集でもと本屋さんに行きました。
そういえば今大絶賛されている漢字ドリルがあったので、迷うこと無くソレにしました💩
ほこほこたろうに袋ごとソレを渡すと、中を見て、満面の笑みを浮かべた。
「やっぱりなーッ❗パパは(選ぶのが)これだと思ったんだーッ❗みんな児童館に持って来てるんだよーッ❗」
と、ニヤニヤしながらバックにしまいこんでいた。
明日から張り切って学んでくるのですよ。

余談だが、『うんこドリル』と名前だけ聞いて、「うんこ」と「ドリル」というガキんちょ必須2大アイテムを合体させたメカってどんなんだろうッ⁉️とワクワクしてました。が、後にそれが何なのかを知って、必須アイテムのトップを最大限有効活用したものなんだなと大変感心してしまいました。
関連記事
  1. 2017/08/09(水) 22:55:23|
  2. ほこほこたろう編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガチャポン


なんかオレの弱点見透かされてるみたいだ。
だんごだよ。
パックが開閉出きるんだよ。
だんご触るとプニプニするんだよ。
ガチャポンスゲーな。
関連記事
  1. 2017/08/08(火) 21:16:52|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイムロ


ペルーのでんでん太鼓。
胴は、瓢箪のカップを2つつなげたもの。
チベットの「ダマル」、アフリカの「ダムル」、そしてペルーのダイムロ。どれも同じ様な発音の名前。ルーツは同じなんだろうか?他にもでんでん太鼓はあるんだろうか?もしそうならば何処が発祥なんだろう?
関連記事
  1. 2017/08/06(日) 23:59:32|
  2. その他の楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

帰り道


近所で夏祭りがあった。
帰り道、うーたんから急にだっこをせがまれた。
関連記事
  1. 2017/08/05(土) 23:53:46|
  2. お家の中のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガシャポン


最近のガシャポンは何でもアイテムにしてしまうのか?
実際吹奏楽の楽器はガシャポンアイテムになってましたけど、ついにというかようやくというかやっとというかラテンパーカッションに来ましたな。これらの他にマラカスとソンブレロがセットになっているのがあるらしい。残念ながら手持ちの100円玉が底をついてしまったので、これ以上購入できなかったのだ。
次はどんなシリーズに行くのかね?
ギロとかカウベルとかに行くのかね?
ブラジリアンかな?シェケバウチとかヘピニキとかビリンバウとか。選択が解りづらいな。
思いきってアフリカン?ジャンベ?ウォータードラム?
ランダムにタブラとかカホンとか?
どれも解りづらいがあったらおもしれーな。
関連記事
  1. 2017/08/04(金) 23:24:53|
  2. 楽器小噺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネコジャラシ


これまたほこほこたろうを送っていった帰りに偶然見つけたもの。
ネコジャラシの穂の部分が大きく二股に分かれているのにお気づきだろうか。さらに下の方にも小さく分かれているのもある。
明らかに突然変異だ。
成長過程で胚に物理的に何らかのダメージがあったか?
それとも、あまり考えたくはないが、地理的に東日本大震災の影響で、DNAに傷がついたのだろうか?
もし後者の場合は他にも同様の物が複数見つかりそうなものだが、その時はそれらしいものは見つけられ無かった。
採集して標本にすれば良かったか?
もし種をとって植えたら、二股のものが生えてくるんだろうか?
そしたら「ネコマタジャラシ」とかいう名前になるんだろうか?

あ、猫又についてはまた今度。

関連記事
  1. 2017/08/03(木) 21:36:45|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マダラアシナガバエ

2017073122484761d.jpg
この間のイベントでほこほこたろうを送っていった帰りに見つけた虫。
メタリックなグリーンがとても綺麗だ。
腹部のグラデーションが良いね。
これでもハエの仲間だ。
関連記事
  1. 2017/08/01(火) 23:43:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0