FC2ブログ

たいこのおへや

なるべく横道にそれながら、パーカッションを主にした、音楽のことを綴っていこうと思います。

折りたたみコンガ


パワービートというメーカーのグラスファイバーのコンガ。
見ての通り、通常のコンガとは形状がひと味違う。
下半分の筒状になっている上に、その部分が内部に収納できるのだ。そしてその筒はマリンバで言う「共鳴管」の役割をしているのだ。
入手したのは20年くらい前だったろうか。確かゴン・ボップスというメーカーでも同じ形状のコンガを出していた様な覚えがある。昨今の胴の無いコンガの走りというところだろう。
実は手に入れてから、使ったのはほんの数回で、まだきちんと叩いたことがない。
初めて叩いた時は、こんなので本当に音が出るんだろうかと思ったが、試してみたら、普通の胴のものより、サスティーンがちょっと短くなったような気がした位で、それほど違和感は無かった。しかしスラップが上手く鳴らせなかった。そのシェルの深さ故なのか単なる構造上の理由なのか、皮の問題なのか、チューニングが悪いのか、先日の演奏会に向けては、その辺を考えてみたところ、ちょっと癖があるのがわかった。うまいこと解決できないか模索を開始したところ。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/10/31(水) 01:52:22|
  2. 皮モノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< | ホーム | 弁当>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taikonooheya.blog21.fc2.com/tb.php/3168-f2c84de3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)